このページの本文へ

NEC、堅牢性を高めた現場向けノートを発表

2006年12月05日 00時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

12月5日、NECは堅牢性を高めたノート型ファクトリーコンピュータ「ShieldPRO FC-N21S」を発表した。90cmからの落下に対応し、IP54に対応した防塵防滴性能を誇り、-20℃~50℃という範囲での動作が可能となっている。

強靭さとセキュリティの高さで現場で使えるノート

 NECの「ShieldPRO FC-N21S」は堅牢性を高めたノート型ファクトリーコンピュータ。90cmからの落下テストをクリアし、全方位からの水や塵を防ぐ防塵防滴性能を備え、また動作温度範囲も-20℃~50℃という幅広く(高温度範囲HDD/高温度範囲バッテリ搭載時)、過酷な環境でも利用できる強靭性を備える。環境にも配慮され、RoHS指令に対応する形で、鉛や水銀、カドミウムなどの特定有害物質の使用も抑えられている。

ShieldPRO FC-N21S
ShieldPRO FC-N21S

 製品名の「Shield」は「Security」(安全)、「Hard」(固い)、「Innovation」(革新的)、「Environmental」(環境にやさしい)、「Light」(軽量)、「Durability」(耐久性)の頭文字をとったもので、同時に「盾」という意味の「Shield」や「密閉された」という意味の「sealed」からも取られていると言う。

 LCDには12.1インチのタッチパネルを採用。画面を180度開店させる機構を備え、タブレットPCとして利用可能になっている。セキュリティ面では、TPMセキュリティチップや指紋認証センサを搭載し、データ保護機能を強化している。

 CPUにはIntel Core Solo U1400(1.2GHz)、メモリは256MB以上、HDDは60GB以上を搭載し、無線LANはIEEE802.11a/b/gの3規格に対応している。プリインストールされるOSとしては、Windows XP SP2に加え、MIRACLE Linuxや英語版Windows XP SP2も追加される予定。重量は標準モデルで2.5kgだが、8GBのフラッシュメモリと軽量バッテリを搭載したモデルで2.3kgとなっている。バッテリ駆動は約8時間(軽量バッテリの場合4時間)。暗所などでの作業に適したバックライト付きキーボードの選択も可能。出荷は1月下旬を予定している。

会場で行なわれた落下デモの様子。落下後も問題なく起動した
会場で行なわれた落下デモの様子。落下後も問題なく起動した
防滴デモの様子。ペットボトルを数本かけても動作に影響はない
防滴デモの様子。ペットボトルを数本かけても動作に影響はない
低温環境デモの様子。氷点下15度の環境でも動作が可能
低温環境デモの様子。氷点下15度の環境でも動作が可能
■関連サイト
日本電気
http://www.nec.co.jp/
ShieldPRO FC-N21S
http://www.ctrl.nec.co.jp/fcnote/

カテゴリートップへ

ピックアップ