このページの本文へ

マイクロソフト、Windows XPのサポート期間の延長を発表

2007年01月25日 00時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトは、2009年4月にサポートを終了する予定だったWindows XP Home EditionとWindows XP Media Center Editionの2製品を、2014年4月まで延長することを発表した。

日本市場の要望を受けてサポート期間を延長

 1月25日、マイクロソフトはWindows XP Home EditionおよびWindows XP Media Center Editionの2製品のサポート期限を2014年4月まで延長することを発表した。

 マイクロソフト製品のサポート期間は同社のサポートライフサイクルポリシーに従い、「発売日から5年間」、ないし「次期製品の発売日から2年間」のどちから長いほうをサポート期限として設けている。ただし、ビジネス向け製品に関しては、通常サポートの終了後も、「延長サポート」という形で「サポート終了後5年間」ないし「次々期製品発売から2年」のどちらか長いほうをサポートし続ける。

 そのため、ビジネス向け製品であるWindows XP Professionalに関しては、2014年4月までのサポートを続けるが、コンシューマ向け製品のWindows XP Home Edition、Windows XP Media Center Editionの2製品に関しては、Windows Vistaの発売に伴い、その2年後である2009年4月にサポートを終了する方針を打ち出していた。

 しかし、Windows XP Home Editionのユーザー数が非常に多い日本では、サポート期間の延長の要望が強く、マイクロソフトはビジネス向け製品と同等の「延長サポート」の提供を決め、サポート期間が2014年4月まで延長されることとなった。なお、このサポート延長はワールドワイドで行なわれる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ