このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第19回

美人すぎる理系アーティスト・スプツニ子さんはなぜ歌う?

2010年03月20日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マルチメディアアーティスト・スプツニ子さん。1985年生まれとまだ若い

※編注:文章中に一部性的な表現がありますが、アーティストの作品との関係からそのままの表記となっております。予めご了承願います。 

 ルー・リードの妻でもあるメディアアーティスト、ローリー・アンダーソンのJ-POPバージョンを目指すという「スプツニ子」さん。彼女はマシンを作り、プログラムを書き、そしてネットに自作の音楽も投稿する、新しいタイプのアーティストだ。

 1985年生まれで、現在はロンドン在住。日本人の父、英国人の母を持ち、両親はともに数学者だ。自身もロンドン大学のインペリアル・カレッジで数学を専攻し、現在はロイヤル・カレッジ・オブ・アートの大学院で勉強している。

 2009年には、メディアアートの世界的イベント、アルスエレクトロニカで、セザール原田さんとの共同作品「Open_Sailing」がゴールデン・ニカ賞を受賞した。

▲ 右側でプレゼンテーションしているのが尾崎ヒロミ(スプツニ子)さん。航海の技術、海上でのエネルギー生成、料理のレシピなど、様々な議論や研究が、各種のソーシャルメディアを通じて続いている。

パラコンペ3000

 同年にはオリジナル曲のPVを収録したDVD「パラコンペ3000」をリリースし、英国の音楽誌「New Musical Express」も取り上げた。ライブでは少年ナイフやダモ鈴木のオープニングアクトをつとめるなど、アーティストとしての一歩を踏み出している。

 「テクノロジーとジェンダーが交錯する」と表現すると難しげだが、彼女の作る音楽はポップで楽しいものばかり。GoogleSkypemixiといった身近なモチーフから、ネットワーク環境に囲まれた現在をポップミュージックに乗せることに成功している。

 しかしこれまでの情報で、折り目正しい日英ハーフの美人アーティストだと思ったら大間違い。YouTubeの再生数は3万回を超え、海外でも評価の高い、極めつけの代表曲がこれだ。

 この落差とノリは一体何なのか? はたして彼女は何者なのか? 例によって編集部には予算がないためSkypeでの取材となったが、それだけで彼女の人となりを知るのは難しい。その上ちょっと怖い。

 実は事前取材において、ある意外な人物とのつながりが判明した。その人物は「昔はスプ子も普通の女の子だったのに」と証言している。というわけで、まずはその彼と会議通話モードでつないでみることにした。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART