このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第2回

Dixie Flatline×キャプテンミライ対談【後編】

プロが見る、ニコニコ動画と初音ミクの可能性

2009年09月20日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 音楽業界を良く知る、元プロのボーカロイド作家による対談企画。記事前半ではDixie Flatlineさんに、プロの活動をやめて、ニコニコ動画に投稿を始めるまでの話を伺った。後半はいよいよキャプテンミライさんとの対談。テーマは日本独自の音楽文化になりつつあるボーカロイドシーンの行方について。興味深い視点がいくつも飛び出した。

やりたいことをやれば認められる状況がある

―― まず、お二人はどうやって知り合ったんですか? メジャーで曲を書いてきた人と、サブカル系でアングラな人が、ここで出会うというのも面白いんですが。

キャプミラ 僕が初めてニコニコ動画に投稿したのは、Dixieさんの1ヵ月くらい後だったんです。その時に自分の曲に合いそうな絵を探していたら、いいと思うものはみんな「ジェミニのために描きました」とか書いてあって、最初はムカムカしていたんですけど。

Dixie えーっ。心の中ではそんなことを!

左がキャプテンミライさん、右がDixieFlatlineさん

キャプミラ いやいや、本気でムカムカしていたわけじゃないけど。それで聴いたんだもん、『ジェミニ』って一体どんな曲なんだって。そしたら、すごく良かったんですよ。

Dixie 僕はキャプミラさんの一番最初の『幻想論』でファンになって、毎回新作が上がる度に感想をブログに書き込んでいたんです。

キャプミラ そこに僕がコメント付けたんだよね。それが最初です。

Dixie そうやって少しづつ、面白い音楽をやっている人たちと交流が増えていったんですね。



―― 元プロ目線で見ても、この界隈の音楽は面白いですか?

キャプミラ 例えば最近殿堂入りした古川Pですけど。

Dixie あの人すごいよね。すごくマニアックだけど、面白いことをやっている人たちが沢山いるわけですよ。

古川Pの公式サイト。音源の販売情報や動画のアップロード告知をしている

―― オリジナリティありますよね。ぶっ飛んでいるものだと、最近なら逆衝動Pとか?

キャプミラ そうそう。シーンとして定着してきて、やりたいことをやれば、ちゃんと認められる状況ができつつある。そこが面白いと思うんですよ。

Dixie どの層に向けて作れと指示されることもないし、方向性を巡ってディスカッションすることもない。せめて自分に嘘を付かないように。ただ、それだけですから。

キャプミラ 締切すらないですからね。歌手のスケジュールもないし。

―― ボーカロイドは妙なクスリを吸って消えたりしないですからね。

Dixie&キャプミラ (苦笑)

古川P: ニコニコ動画では、10万再生を超えた曲に「VOCALOID殿堂入り」というタグの付与が許され、それが人気の目安になる。古川Pの『Alice』は純粋に美しいメロディと物語性のある言葉運びで人気が高い。

Treow(逆衝動P): 逆衝動と書いて「さかしょうどう」と読む。変拍子とノイズ、複雑な和音で構成された、音楽ではない何かに迫りつつある曲調に魅力。9月の新曲に「Drain」がある。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART