このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第16回

まさかの「人間ボーカロイド」 プアミルクの奇妙な音楽論

2010年02月20日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ネットで先進的な音楽活動を続けるユニット・プアミルクの「うろこ雲」PVより。この切なさである。2010年になっても70年代ロックサウンドを響かせ、ボーカルを「人間ボーカロイド」と標榜する彼らはどこに向かってしまっているのか

 ニコニコ動画で活躍する音楽ユニット「プアミルク」は、いわゆる「そっと評価されるべき」人たちだ。動画の再生回数は多くても4ケタ。ニコ動の中でもメジャーとは言えない。だが、高い音楽性と「紙一重」な歌詞は確実にコアなファンをつかんでいる。彼らのような存在もまた、インターネットがなければ成立しなかったはずだ。

 彼らはニコ動のために組まれたユニットで、打ち込み系の楽器やシーケンサーは一切使わず、生演奏の多重録音で制作されている。演奏・作詞・作曲のすべてをこなす人骨さん、ボーカルのあずきさん、そして絵師のまどちんさんの3人組だ。「動画」を前提にしているので、メンバーに絵師がいるというのが面白い。

 ちなみに人骨さんは30代前半のサラリーマンで二児のパパ。あずきさんは高円寺界隈でバンド活動をするミュージシャン。絵師のまどちんさんは大阪在住で、東京在住の他の二人とはまだ会ったことがないという。それにしてもプアミルクの音楽は、ポップで高度な音楽的構成を持ちながら、その内容は危険極まりない。それは最新作「樹海のスキャット」を聴けば良く分かる。



 そんな彼らの曲はあかやかさん(関連記事)が始めた「ニコニコインディーズ※1というコミュニティに属している。一体プアミルクは何を目的に作品を公開しているのか? 今回は人骨さんとあずきさんのお二人へのインタビューをお届けしたい。

※1 ニコニコインディーズ : ニコニコ動画の作品に付けられるタグ。ボーカロイドやアニメ等のキャラ依存性のない作品に付与することで、ニコニコ動画では埋もれがちな動画の受け皿を目指している。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART