このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 ― 第36回

「オタクはUKパンク」? 英国記者が見た、日本の音楽文化

2010年09月25日 12時00分更新

文● 四本淑三  翻訳● 盛田諒

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヒカシュー、佐久間正英、初音ミク――。英字新聞「The Japan Times」で、日本の音楽シーンやサブカルチャー関連の話題を書きつづけている、イアン・マーティン(Ian Martin)という記者がいる。

 彼は1978年ブリストル生まれの32歳。2001年に来日し、2005年からJapan Timesに寄稿を開始した。同時に、ポストパンク/ニューウェーブ系レーベル「Call And Response Records」(レーベル公式サイト)を始め、彼自身もパフォーマーとして参加している。

Call And Responce Records

 彼と我々は興味を持っている対象が近いらしく、取材でも何度か顔を合わせていた(関連記事)。彼が日本のシーンをどう見ているのか、なぜ日本のシーンに注目しているのかを、ぜひ一度聞いてみたかったのだ。

 ところが待ち合わせの場所で改めて顔をあわせ、大変なことに気づいた。うっかりしたことに我々は通訳の手配を忘れていた。彼は日本語の聞き取りはできるものの、ほぼ話せない。僕らも英語の聞き取りは雰囲気で何となくわかるものの、片言でしか話せない。

 つまり英語しか話せない英国人記者に、日本語しか話せないインタビュアーが取材するという、かつてない無謀なチャレンジの結果がこの記事だ。最初はどうなるかと思ったが、なんとか話が通じてしまうから、やはり音楽は素晴らしいとしか言いようがない。

日本のフェスは音楽の地獄

―― Japan Timesの記事を読みましたよ、ヒカシューの(記事はこちら)。

イアン ぼくは日本のニューウェーブミュージックが好きなんですよ。でも、ロックインジャパンフェス、カウントダウンジャパンフェスに行ったことはあるけど……あれはミュージック・ヘル。ひどいですね。

イアン・マーティン(Ian Martin)氏

―― 音楽の地獄! ぶははははは!

イアン フジロックの一番オススメはヒカシューでした。初日のメインアクトだったと思います。一番小さなステージだったけど。とはいえ、日本人の一番大きなステージは……ホーリーシット。いただけないですね。

―― イアン最高! でもどうして日本のニューウェーブなんですか?

イアン ぼくはPLASTICSが真の日本のニューウェーブだと思ってます。彼らはコメディアンのようで、ライトな感じを受けますが、実は怒りや残酷さがあり、とても深い。それに対しPOLYSICSはもう少しパーティバンドというか……とても楽しいんですが、70~80年代のニューウェーブみたいな知的なシャープさを感じられないんですよね。

―― ステージ衣装やライブパフォーマンスはそうですね。

イアン 巻上公一さんもそうですよね。彼はとても音楽的に刺激的で、面白いことを考えています。演技派のパフォーマンスが素敵です。パンクスだと、日本にはFRICTIONや突然段ボールという、ぼくも大好きなパンクパンドがいます。でも、UKではそんなに知られてない。UKはパンクスが台頭しているから似たようなバンドがいるからかな。だからこそ、日本のニューウェーブが僕たちにとって新鮮なんです。

―― なるほどなあ。でもイアンさんが日本に来た理由は?

イアン 大学で日本の映画を学んでいたのがきっかけでした。村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」を読んだとき、ここにいたい! とね。ああいうミステリアスな女の子が好きなんです。ぼくの妻はそんな子じゃないんですけど。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART