このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

現役ミュージシャンが語る、「KORG M01」はココが◎!

2010年09月04日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月31日、新宿ロフトプラスワンで、「株式会社DETUNE 会社説明会」と称する謎のイベントが開催された。

 株式会社DETUNEとは、ニンテンドーDS用ソフト「KORG DS-10」の開発チームである岡宮道生(元AQインタラクティブ)、佐野信義(元キャビア)、光田康典(プロキオン・スタジオ)の三氏で設立されたソフトウェアメーカー(公式サイト)。かねてから何らかの音楽用ツールを開発していると噂さてれいたが、そのうちの1つがこのイベントで明らかに。

 それはニンテンドーDS用ソフト「KORG M01」だった。

KORG M01

※ ちなみにDS-10開発チームは、先日のCEDEC 2010のサウンド部門で最優秀賞を受賞している(公式サイト

 ソフトのモデルとなったのは、1988年に発売され、90年代初頭にかけての音楽シーンを支えたシンセサイザーのベストセラー機「KORG M1」。発売から2年で10万台を売り上げ、一説には世界で最も売れたシンセとも言われている。

 人気の理由は、マルチトラックシーケンサーを内蔵した、PCM音源搭載のオールインワンキーボードだったこと。24万8000円という価格は決して安くはなかったが、1台でオケをまかなえるためコストパフォーマンスは高かった。当時のコルグはこのモデルを「ミュージック・ワークステーション」と呼んでいた。

 そのPCM音源をすべて移植したのがKORG M01で、91年に発売された01/Wの一部音源と、新たに追加された音源を合わせて300音色を内蔵している。

公式デモムービー

 開発はDETUNEとコルグの共同で行なわれ、オーディオドライバのチューニングはプロキオンスタジオ、グラフィックはアウディオが担当。発売は2010年12月31日の予定。価格は5980円。販売元は、もちろん株式会社DETUNEだ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART