このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第36回

自作PCの組み立てマニュアル作りで私が苦悩した理由

2017年07月05日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パソコンの自作……特に、初めての自作にとても力強い味方となるのが、そう、「自作パソコン組み立てマニュアル」。個々のパーツを使ったパソコン自体の組み立てから、ケーブル類の配線、OSのインストールまで網羅されているとても役に立つマニュアル。

 この組み立てマニュアル、いろんなメーカーさんや出版社さんが出していますが、実は私もマニュアルを作成していた1人でごさいます。

 マニュアルを作る、となると、普通は発行元が企画とコンセプトと構成を決めて、残りの作業(組み立てやその撮影、文章作成、そしてレイアウトやデザイン)は業者さんにポイッ! とお願いすれば楽々とできるのですが…

 そんなお金は、ない。

 けど、自作パソコンの裾野を広げるには、ないといけないマニュアル……色々考えた挙句、私の出した答えは……

 いい! もう全部1人でやる! 印刷以外は自分ひとりでやる!

 今回は、全国各地のパソコン専門店で良く配られていて、時々メディアさんにも取り上げられていた組み立てマニュアル(そんなに有名かは不明ですが)の作成の裏話です。あのマニュアルには、私の汗と涙が含まれているんですよ(ばっちい)……。

 新しい世代のCPUが出ました! 新しいチップセットが出ました! 新しいOSが出ました! そうなると絶対に話に出てくる「組み立てマニュアル作らなきゃ!」。そして社内や取引先で一番私の名前が出てくるタイミング。

 「今回もヤマダさん、マニュアル作ってくれるんですよね♡」

 ……いや、ありがたいです。ご指名いただけるなんて営業冥利につきます。

 が、が、が……

 また1人でこもって仕事する季節がやってきたぁぁぁぁぁ‼

 この組み立てマニュアル、機材の構成から組み立て→ケーブル類の接続そしてOSのインストール、それら場面場面の写真撮影、そしてそれに伴う説明書き、動作検証、ページ割、編集とデザイン作業、校正、と、印刷以外はすべて

 ヤマダ1人がやってましたぁぁぁぁぁぁ!

 そのため、とても孤独で寂しい仕事なのでした。が、が、がぁぁぁぁ! 自作業界の繁栄のため! やってやろうじゃないか! と、毎回毎回受けて立つのです。

 機材撮影と組み立てのため、会議室を数日間貸し切りにして総務の人たちに「占有するな」と怒られ、昼間は通常業務があるから夕方~夜間にしかこのマニュアルの仕事ができず平気で残業になり……と、若干身の狭い思いで作業をしておりました。

 それだけならいいんです。

 よっしゃ!これで撮影全部終わった!と思い、実際の撮影画像を見てみたら……

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!