このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第195回

サントリー「烏龍茶」思い切ってリニューアル

2017年05月10日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロングセラーブランドのリニューアルは大変です。長い間親しまれたデザインはそのメーカーにとって「顔」のような存在ですよね。それを変更するとなれば、相当な決断力が必要なはず。

 発売35周年を迎えた「サントリー烏龍茶」が5月9日からリニューアルしました。なじみ深いパッケージも変わりまして、インパクトのある茶色のキャップと新型ボトルを採用。ラベルはオフホワイトを基調とし、ロゴを大きく配しています。

 ちなみに1981年の発売以来、烏龍茶の文字が横書きで配されるのは初めてだそう。アルファベット3文字の「CHA」にもインパクトを感じます。

 スタイリッシュになったのは外見だけではありません。中身も変わっているのです。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!