このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第33回

さらばワットチェッカー、電源ユニットから直接消費電力を計る時代へ

2017年03月13日 12時00分更新

文● ジサトライッペイ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回の主役はThermaltakeの電源ユニット「Toughpower DPS G RGB TITANIUM 1250W」。実売価格は4万3000円前後

 どもどもジサトライッペイです。今年はIntel 200シリーズチップセット搭載マザーボードの登場を皮切りに、LEDを搭載するいわゆる“光りモノ”パーツがトレンドになりつつありますよね。PCケースはもちろんのこと、G.Skillのメモリーなど、あらゆるものがピッカピカに光る時代になりましたが、今回はThermaltakeの電源ユニット『Toughpower DPS G RGB TITANIUM 1250W』についてご紹介します。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトライッペイ
 今年から始めた「貯金」ですが、早くも2月のクレジットカードの支払いで3月スタート時点で残高2万円ぐらいです。リボの誘惑に負けそうです。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!