このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第32回

PCの不調……とりあえず電源のせいにするのをやめたい

2017年03月07日 15時00分更新

文● ジサトラショータ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PCトラブルと踊る編集部員たち、その常套句

 どうも、ジサトラショータです。編集部で検証用の自作PCを組み上げていると、たまーに完成しても電源が入らないことがあります。ベテランの編集部員やライターさんはよく言うのですが、昔はパーツの相性やらなんやらでけっこう多かったらしいですね。僕はゆとり世代の現代っ子なので、組み上げたPCが起動してこなかった経験は2、3回しかないです。おまけに、原因はどれもちょっとした自分のミスでした。

 「動かないなー」と思っても、たいていはメモリーを挿し換えたり、コネクターを挿し直したり、CPUを取り付け直せば起動してきます。ただし、パッと見では原因が分からないことが多くて、問題の切り分けに時間がかかることもしばしば。まずはグラボとメモリー1枚とストレージを外して……みたいな組み換えを始めると、意外と大変で、額に汗してPCと格闘するハメになります。

 で、そこに他の編集部員やライターさん達が通りがかろうもんなら、「お、やってるやってる!」みたいな感じでなぜか嬉しそうにヤジを入れてくるわけですよ(僕も他の人が不具合と格闘してたら同じことしますけど)。おまけにそういうとき、たいていの人は無責任なことを言います。定番の文句といえばこんな感じです。

「この電源古いねー。もうダメなんじゃないの?」。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラショータ
 ジサトラの新人。趣味はオンラインゲームだが、毎日のようにログインしては友人とロビーやマップでチャットばかりしている。急にATX電源ケーブルのスリーブ化に挑戦したり、自宅PCのオーバークロックを始めたり、PC自作のために7000円超えのドライバーを購入してみたり、やることに節操がない。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!