このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第16回

4GHz以上で常用したい! トラ的Broadwell-E OCガイド

2016年10月24日 17時00分更新

文● ジサトラ カクッチ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4.3GHzという巨大な壁に打ちのめされる!

 どうもどうも、Broadwell-E環境にすんなり移行したものの、プレイしているのはムチムチアンドロイド(?)を動かすパズルゲーム「Haydee」をやっているカクッチです。Steamで安い上に、軽量なゲームなのでおすすめですよ。

 今回は自宅マシンのCore i7-6850Kの常用オーバークロックを詰めていきたいと思います。週アス電子版に先出しするために触ったときには、いや~手ごわい感触しか残らず、これはCPU耐性の問題もありますし、マザーボードの機種が違えばまた違った話なんですが、僕の精一杯のご報告をしていきたいなと(疲弊)。

最安で実売価格6万7000円ほどのCore i7-6850K。6コア/12スレッドで定格3.6GHz、TB3.8GHz、TB3.0で4GHzというスペック。CPU-Zで見てみるとマルチコアベンチ中は3.7GHzで回っている模様。電圧は1.166Vですね
デフォルトでのCINEBENCH。世の中の6850Kではシングル130cbという結果もありますんで、TB3.0が効いての158cbかなと。マルチコアの1140cbもだいたい1180cbくらいまでの誤差で性能は出ています。ちなみに6700Kのスコア例としてはシングル181cb、マルチ883cbといったかたち

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラ カクッチ
GeForce GTX 1080 SLI環境でPCゲームをするジサトラのボス。ムチムチアンドロイド(?)を動かすパズルゲーム「Haydee」にドハマり中。もっと重いタイトルやればいいのに。

 使用マザーはASRockのX99搭載『Fatal1ty X99 Professional Gaming i7』。OC設定ももちろん豊富なやつです。OC設定豊富な割に、EZ OCで4.2GHzを選んでもOCCTのストレステストでは歯が立たず、4GHzでも何もしないとブルースクリーン。僕の6850Kの耐性は決してよくないというのがわかっています。

 4GHz以上の動作はとうぜんVCore(CPU電圧)の昇圧ナシには一向に進まずの展開になってきたので、まずはガツッと1.166V→1.4V台までかけて様子をさぐるところから入りました。4.4GHzでWindows 10を立ち上げようと思ったら以下のようなところまでになりました。

VCore 1.45V設定でオールコア44倍の4.4GHz動作。ベンチマークは短いものならですが、少し長いとすぐフリーズしてしまいます

 まず、いかにクーラーマスター『MasterAir Maker 8』が空冷で驚異的な冷却力を誇るといってもですね、実質1.4V以上の設定でフルコアロードですとCPU温度85度以上に達してしまうので、ベンチマークスコア狙いではいけますが、たとえばエンコードやマイニングなどの常用にはほど遠いことになります。本格水冷や極冷の世界でないとこの電圧を常に、とはいきません。

 また結局のところ4.3GHzならOCCTが少しは動作するところにきましたが、結果、1.45V以上をかけないとまったく安定せず、4.2GHz動作と4.3GHz動作の間には非常に高い壁があることに気付かされました。おそらくよっぽどのアタリCPUでない限り、空冷(簡易水冷含む)では現実的ではないラインのようです。

4.2GHzで常用可能なレベルに着地!

 紆余曲折しながらも設定のコツなどUEFIにはけっこうあるのですが、まずは結論から。どうやら4.2GHzでの常用は可能のようです。これもCPUクーラーの性能と季節に左右されるところではあります。室温25度での計測ですんで、真夏はCPU温度が90度を超えるかもしれない、といった心配はありますが、秋口にはまずまずOKの結果です。OCCTテストで10時間以上の動作をパスしました。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!