このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第12回

ブリザードストリーミングの使い勝手は?

Facebookも参入したゲーム実況動画サイト 戦国時代の幕開け

2016年09月27日 18時00分更新

文● ジサトラアキラ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーPCゲーミングサポーター、ジサトラアキラです。ジサトラメンバーのなかでもゴリゴリの自作erというわけではないけど、昔からPCでゲームを遊ぶことが大好きで、PCを自作する=PCゲームを快適に遊ぶための手段。

 PCでゲームをするメリットはゲーム実況配信の選択肢が多いことにもあると思います。ゲームの実況生配信といえば、ニコ生、YouTube Live、Twitchあたりが定番。そのほか、最近だとFRESH! by AbemaTVも話題になっていますし、OPENREC.tvもモバイル系ゲームを中心に視聴者数を伸ばしています。

 さて、そんななか私が注目したのは、今年6月に発表された、あのPCゲーム界の巨人「Blizzard Entertainment」とFacebookのタッグによる、独自のストリーミング機能「ブリザードストリーミング(Blizzard Streaming)」です。

こんな感じでFacebookの友達に見せられます

「Hearthstone」や「Overwatch」の実況動画を、Facebook上のタイムラインに表示させることができるということで、早速試してみましたよ!

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラアキラ
 ジサトラのPCゲーム担当。ハイエンドや最新パーツで快適なのは当たり前。古い機材でも工夫次第でゲームが楽しめるぞ!

 Blizzard Entertainmentのゲームは、同社の専用ランチャー「Battle.net」から起動するのですが、ブリザードストリーミングはこのランチャーのいち機能です。もちろん日本ユーザーでも使えますよ。

 もちろんBlizzard Entertainmentのゲーム限定(World of Warcraft、Starcraft Ⅱ、Heros of the Storm、Diablo IIIなど)ですが、ランチャーに追加された“LIVE”ボタンを押してタイトルや公開範囲を決め、ゲームを起動してから放送開始、とカンタン。

右上のカメラマークをポチッと
公開範囲をカンタンに決められるという点で、他の動画サイトとは違った使い方も出てくるのかな
Facebookアカウントにログイン

 設定もウェブカメラの位置やサイズ変更などシンプルですね。映像クオリティーは、最大で解像度720pで30fps、4Mbpsと、Overwatchなどのハイスピードアクションにはちょっともの足りないかもしれませんが、モバイルで見ることも多いFacebookに合わせた仕様なのかもしれませんね。

この連載の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!