このページの本文へ

製品版の一般提供開始は、2017年第1四半期を予定

マイクロソフト、Office 365のチャットサービス「Microsoft Teams」発表

2016年11月09日 08時00分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マイクロソフトは11月2日(現地時間)、ニューヨークで開催されたイベントにおいて、Office 365のチャットサービス「Microsoft Teams」を発表した。

 Microsoft Teamsは、チーム単位で簡単に共同作業ができ、ほかのユーザーとのコミュニケーション、コンテンツ、必要なツールにまとめてアクセスできる、生産性向上のためのデジタルワークスペースだという。

 チームメンバー全員が常に会話に参加できるように、スレッド構造の常設チャットをサポート。またSkype for Businessとの統合により、チームは音声会議やビデオ会議に参加可能だという。

 Office 365の機能をフル活用でき、Word、Excel、PowerPoint、SharePoint、OneNote、Planner、Power BI、Delveがすべて組み込まれている。また、Microsoft Graphを利用したサービスはワークスペースのあらゆる場所に表示され、関連性の高い情報の表示、発見、共有を支援するとしている。

 さらに、高度なセキュリティーおよびコンプライアンス機能も提供。データは通信時や保存時に暗号化されるという。顧客データへの常時アクセスを禁止する、透明性の高い運用モデルが採用されているとのこと。

 Office 365 EnterpriseまたはBusinessプランを利用している法人のユーザーを対象に、プレビュー版の提供が開始されている。製品版の一般提供開始は、2017年第1四半期を予定している。

カテゴリートップへ

ピックアップ