このページの本文へ

特集記事

最新クラウドサービス選びの勘所

最新クラウドサービス選びの勘所

グローバルで圧倒的なシェアを持つAWS(Amazon Web Services)の国内上陸で大きく変わりつつある業界動向を踏まえ、企業のシステム構築に欠かせなくなってきたクラウドの選び方を考える。

2013年09月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
  • 基幹システムの実績とエコシステムが強みに加わったAWS

    2013年09月20日 06時00分

    日本においても桁違いの顧客数を獲得するその強さの秘訣とは?

    基幹システムの実績とエコシステムが強みに加わったAWS

    東京リージョンが開設されて以降、予想を超えるスピードで顧客を獲得するAWS(Amazon Web Services)が、日本のクラウド市場でも存在感を増している。基幹システムのクラウド上での構築や大手企業の採用などの事例が増え、日本のIT市場を変革しつつある。

  • IIJ GIOの強みはエンタープライズでの実績とSI力

    2013年09月02日 06時00分

    AWSの存在感が増す中、元祖国産クラウドはどう戦うのか?

    IIJ GIOの強みはエンタープライズでの実績とSI力

    ニフティとほぼ同時期にサービスを開始し、国内のクラウド市場を牽引してきたIIJ(インターネットイニシアティブ)の「IIJ GIO」。導入はすでに1000社を突破し、米国や中国、ヨーロッパなどグローバル展開もスタートしている。サービス開始から4年目を迎え、アクセルを踏むIIJ GIOの現状を聞いた。

  • クラウド・リソース選びのポイントは「3+2+5要件」

    2013年08月27日 08時00分

    アウトソーシングという視点から見るクラウド・サービスの選び方(後編)

    クラウド・リソース選びのポイントは「3+2+5要件」

    本稿前編では、国内市場におけるITアウトソーシング発展の歴史、さまざまなサービスが果たす役割の違いを確認した。今回の後編では、プロバイダーが提供するコンピューター・リソースを適切に選択するポイントについて具体的に考えていく。

  • よりよいクラウド選びのためにITアウトソーシングを知る

    2013年08月26日 08時00分

    アウトソーシングという視点から見るクラウド・サービスの選び方(前編)

    よりよいクラウド選びのためにITアウトソーシングを知る

     コンサルティングが日本に上陸して約40年。1990年代は「業務改善」、2000年代は「企業再生」、そして現在は「グローバル化支援」が大きなテーマである。アウトソーシングはそれに併走するように成長し、アウトソーシングの最新の一形態がクラウド・コンピューティングだ。本稿前編では、国内市場におけるITアウトソーシング発展の歴史、さまざまなサービスが果たす役割の違いをあらためて確認していく。

ピックアップ