前へ 1 2 3 次へ

映画や写真、芸術も正しい色で楽しみたい!

色彩にこだわるクリエイターが意図した画質を忠実に再現できる、今が買いの4Kディスプレー

文●宮里圭介 編集●ASCII

提供: ビューソニックジャパン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ディスプレー選びはサイズや解像度を重視し、あとは価格の安いものを探す……という人が大半だろう。しかし、ゲーム用途で使うなら高リフレッシュレート、映像を楽しみたいならHDR10への対応といったように、チェックしたいポイントはいくつもある。

 そんなポイントの中でも、後回しにされがちなのが「色味」。この理由は単純明快。スペックから判断できず、実物を見るしか確認方法がないため、どうしても優先順位を下げるしかないからだ。

 店頭にずらりと並ぶディスプレーを見比べてもらうとわかるが、同じ画面を映していても、青が強い、赤が強いといった色味の個性が確認できる。これはディスプレーの性能というより、パネルの製造バラツキによるもの。つまり、同じメーカーの同じモデルであっても、色味が大きく変わることがあるわけだ。デュアルディスプレーで使おうと同じものを2つ購入したのに、まったく色味が違っていた……なんてことも珍しくない。

 この色味の違いはディスプレーの調整機能である程度合わせられるが、それでも、明るい部分で合わせると暗い部分で色がズレる、といったことになりがちだ。ただし、気になるのは複数並べたときだけ。人の目は慣れるのが早いため、1台で使う場合は多少色が違っていてもそのうち気にならなくなる。だからといって、気にしなくていいわけではない。とくに写真やイラスト、映像制作を趣味にしている場合は、自分で見るだけでなく、人に見てもらうのも目的だ。つまり、相手の環境でも同じ色に見えるようにするのが大前提となる。

 では、こういった作品を作るクリエイターはどうしているかといえば、可能な限り色味を正確に合わせるための色補正……つまりキャリブレーションを行なっている。このキャリブレーションには、PCからの出力をソフト的に調整する方法もあるが、これだと中間階調がつぶれてしまう可能性がある。

 これに対し、ディスプレー側でキャリブレーションが行なえる製品であれば、階調つぶれを気にすることなく補正できるのが強みだ。その代わり、ディスプレー側に特別なハードウェアが必要となるため、価格が高くなる。クリエイター向けのディスプレーが高価なのは、こういった理由があるわけだ。

調整不要で最初から正確な色を再現! 写真や映像向きの広い色域も魅力

 キャリブレーションは、プロやセミプロであれば必須といえるものだが、映画を見たり、芸術などの作品を鑑賞したりする専門、いわゆる“見る専”の人には不要かといえば、それは違う。たとえ“見る専”であろうと、クリエイターの意図した色で表示できたほうが、より作品を楽しめるようになるのは間違いない。

 そこでおすすめなのが、プロ向けのキャリブレーション機能を備えつつ、10万円台前半と比較的手頃な価格で登場した、ViewSonicの「VP2786-4K」だ。同機は、世界的に権威のある写真・映像関連の賞「TIPA WORLD AWARDS 2023」にて「BEST PROFESSIONAL PHOTO MONITOR」を受賞しており、その能力が高く評価されている。

実売価格13万円前後のViewSonic「VP2786-4K」

 基本的なスペックは、27型で4K(3840×2160ドット)、HDR10対応といったもの。これだけを条件にするなら3万円くらいから購入できる製品も多いだけに、いくらキャリブレーション機能があるといっても、VP2786-4Kを選ぶのは難しい。

 それでも、「“見る専”でもVP2786-4Kを選んでよかった」と思えるだけの魅力が、この製品にはある。一般ユーザー視点から、満足できるポイントを紹介していこう。

 何よりの魅力となるのは、やはり色再現性の高さ。キャリブレーション可能というのはもちろんだが、工場出荷時に1台ずつキャリブレーションが行なわれているため、箱から出してすぐに正確な色で使い始められる。この手軽さは一般ユーザーだけでなく、プロにとっても非常に魅力的だろう。

出荷時のレポートが用意されているのが、キャリブレーション済みの証

 ちなみに、自分でキャリブレーションをやり直したいというときは、付属の「ColorProホイール」の出番。普段はホイール機能を搭載したコントローラーとして使えるデバイスなのだが、底面にセンサーを内蔵しているので、キャリブレーションツールとしても利用できるのだ。

ホイール搭載のコントローラーにセンサーを内蔵。キャリブレーション時に活躍してくれる

 いくら最初からキャリブレーション済みといっても、長期間利用しているとディスプレーの色味は少しずつ変化する。そんなときでもセンサーがあれば、再び正しい色へと補正し直せるのがありがたい。

 これ以外にも色関係の特徴として、色空間のカバー率が高く、写真で使われるAdobe RGBは100%、映像で使われるDCI-P3は98%をカバーしている。コンテンツを見て楽しむだけの人にはあまり関係ないが、写真趣味のある人、もしくは、これから写真を始めようという人であれば気になる部分だ。

色空間はsRGBだけでなく、Adobe RGB、DCI-P3、Rec.709などに対応

 また、純粋に映像作品を楽しみたいという人なら、4Kの解像度とHDR10への対応は見逃せないだろう。とくにHDR10は暗い部分はつぶれにくく、明るいところは白飛びしにくくなるため、細部まで情報量の高い映像が楽しめる。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2024年
02月
03月
2023年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
03月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
06月
07月
12月
2018年
04月
11月
12月
2016年
06月