このページの本文へ

エレコム、キーボード学習におすすめな「はじめてのキーボード“KEY PALETTO(キーパレット)”」を5月中旬発売

2023年05月10日 12時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは5月10日、大阪電気通信大学による産学連携プロジェクトとして開発した、「はじめてのキーボード“KEY PALETTO(キーパレット)”」4モデルを5月中旬より発売する。

 日本では2020年度より小学校でのプログラミング教育を開始したが、はじめてパソコンに触れる子どもたち、プログラミングを教える教師、家庭で子どもの学習を見守る保護者など、それぞれの立場で学習につまずき、適切に教えることができないなど課題が多くあるという。

 本製品は、はじめてキーボードに触れる子どもでも楽しく学ぶことができるようさまざまな工夫を施したモデルとなっている。

 具体的には子どもの手の大きさに合わせた、タブレット端末などでも使用しやすい17mmピッチのコンパクト設計、指先の形に合わせてデザインされたキー形状と、丸みを帯びた優しい手触り、軽い力でもサクサクと打つことができる新設計のメンブレン方式を採用している。

 また本体にはおよそ10度の傾斜をつけられるキーボードスタンドを採用し、キーが打ちやすくなり、手や腕への負担がかかりにくい設計となっているほか、正しい指の位置が覚えやすく、それぞれの色同士を見分けやすい配色となっている。

 さらにアルファベットに不慣れな子どもたちの混乱を防ぐため、実際に入力される文字と同じ印字デザインを採用したことに加え、ローマ字入力サポートカードや、メモなどを立てかけられるカードスタンドが製品に付属している。

 モデルはWindows 11/10・Crome OS対応BluetoothタイプとiOS 16・iPadOS 16対応Bluetoothタイプ、USB 2.4GHz無線タイプ、USB有線タイプをラインアップ。製品サイズは共通して、スタンドなしでおよそ幅267×奥行136×高さ23mm、スタンド時でおよそ幅267×奥行136×高さ33mmとなる。

 実売価格はWindows 11/10、ChromeOSタイプとiOS 16、iPadOS 16タイプが4980円前後、USB 2.4GHz無線タイプが4480円前後、USB有線タイプが3780円前後の見込みとなる。

カテゴリートップへ

 
注目記事