このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第61回

タスクマネージャーを簡単に開く方法「Windows 11 Insider Preview」で追加

2022年10月07日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

9月29日、Windows 11 Insider Preview Build 25211 Dev Channelがリリースされた

 Windows 11 Insider Preview Build 25211 Dev Channelで、タスクマネージャーがタスクバーの右クリックメニューから起動できるようになった。右クリックすると、「Task Manager」と「タスクバーの設定」が選べるメニューがポップアップするのだ。「Task Manager」をクリックすれば、タスクマネージャーが開くのだ。

タスクバーを右クリックし、「Task Manager」をクリック

タスクマネージャーが起動した

 タスクマネージャーは様々な方法で起動できる。スタートメニューから普通に起動するほか、スタートボタンの右クリックメニューからも開ける。ショートカットキーでは「Ctrl+Shift+Esc」キーを押すと、ダイレクトにタスクマネージャーが表示される。「Alt+Ctrl+Delete」キーを押すと青い画面が表示されるので、メニューからタスクマネージャーを選んでもいい。

 筆者は頻繁にタスクマネージャーを開いてメモリの利用状況を確認したり、不要なプロセスを終了させているので、タスクバーから簡単に開けるのは大歓迎だ。

 もし、普段からスタートボタンの右クリックや「Ctrl+Shift+Esc」のショートカットを使っているなら、今回の改善はあまり意味をなさないかも知れない。

 しかし、あまりタスクマネージャーを開くことがなく、毎回起動方法を調べていたり、筆者のように「Alt+Ctrl+Delete」キーから開く方法が身に染み付いてしまっているなら、タスクバーから簡単に開けるのはありがたい。ニッチすぎるので、正式版に搭載されるかとても不安だが、できれば残しておいて欲しい機能だ。

 他には、ウィジェットの右上に表示されるアイコンの動作が改善されているそう。「+」をクリックすると「ウィジェットの追加」画面が開き、ウィジェットを選択できる。従来は、ユーザーのアイコンをクリックしても同様に「ウィジェットの追加」が開いていたのだが、新たにウィジェットの設定画面が開くようになった。

ウィジェットボード右上のユーザーアイコンをクリックする

ウィジェットの設定画面が開くようになった

 UIが整理されるのはよいことだが、この機能はテスト中のようで、Build 25211ユーザーでも有効になっていないことがある。筆者の環境でも利用できなかった。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン