このページの本文へ

ついに「都市の3Dマップ」も! Googleマップの新機能をチェックする

2022年09月29日 03時15分更新

文● 西田宗千佳 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

街全体をリアルタイムに3D化する「Immersive view」は東京でも使える

 次の機能が「Immersive view」(没入型視点)。都市を詳細な3D映像で見せるものだ。

街全体を3Dで、時間や天気の経過も加味して表示する「Immersive view」

 前述のLandmark aerial viewsに似ているが、Immersive viewはかなり性格が異なるものだ。Landmark aerial viewsは事前に生成した映像なので、日没や天気による表示の変化はなかった。また、交通渋滞の状況もわからない。しかしImmersive viewはリアルタイム生成なので、時間による変化なども再現される。

建物の入り口を探すのにも役立つ

 また、有名な建造物だけを再現しているのではなく、街の多くの建造物の再現を目指しているので、結果としてより詳細な情報が組み込まれている。どこが建物の入り口なのか、入るとどのようになっているのか、といった情報を、実際に操作しながら確認できる。

建物の中などもみられるようになる

 非常に手間がかかるものなので、いきなりあらゆる場所で使えるわけではない。グーグルは「事前の計画のもと進める」と説明している。

 第1弾としては、今後数ヵ月以内にロサンゼルス・ロンドン・ニューヨーク・サンフランシスコ・東京で使えるようになるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン