このページの本文へ

9月29日予約開始!PICOが4K解像度&90Hzの一体型VRヘッドセット「PICO 4」を発表

2022年09月23日 09時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PICOは、9月22日21時からの「PICO New Product Announcement 2022 」にて、新型のVRヘッドセット「PICO 4」を発表した。PICO 4は「Qualcomm Snapdragon XR2チップセット」を搭載し、4K以上1200PPIの高解像度で、リフレッシュレート最大90Hzに対応。

「PICO 4」

「PICO 4」の主なスペック
CPU Qualcomm XR2(2.84GHz)
ディスプレー 片眼2160×2160ドット
(72/90Hz、視野角105度)
ストレージ 8GB+128GBまたは8GB+256GB
バッテリー 5300mAh
サイズ/重量 163(W)×255~310(D)×80(H)mm/295g
OS PICO OS 5.0

 フレネルレンズよりもレンズとディスプレーの距離が短くできるパンケーキレンズを採用し、重量295gと同社のVRヘッドセットの中では最軽量を実現している。日本での発売時期は10月7日(金)を予定。価格はストレージが128GBモデルが429ユーロ(約6万100円)、499ユーロ(約6万9890円)。

パンケーキレンズを採用

 また、Qualcomm Quick Charge QC 3.0に対応した5300mAhのリアマウントバッテリーを備え、4つのSLAMカメラを配置することで、ケーブルレスのオールインワンVRヘッドセットながら高精度なトラッキングと周辺環境のマッピングを可能としている。

16メガピクセルRGBカメラを採用

ヘッドバンドにスピーカーを搭載

 コントローラーは円弧を描いた赤外線センサーを配置した6DoFに対応。HyperSenseブロードバンドモーターにより、よりリアルな触覚フィードバックが得られるとしている。

6DoF対応のコントローラーを備える

 フィットネスの進捗管理を効率化するプログラム「PICO Fitness Program 」も導入。利用者は過去のVRゲームプレイのデータやVRモーションのトラッキングによるエネルギー消費量を確認できる。フィットネスコンテンツとしては、2023年に登場するUbisoftとの独占パートナーシップによる「Just Dance VR」などが用意されている。

スマホでデータを確認できる

 さらに、メタバースプロジェクト「Pico Worlds」も発表。カスタマイズしたアバターを使い、ほかのユーザーと出会いややり取りが簡単になるとしている。

「Pico Worlds」は2023年に提供予定

アバターでコミュニケーションが可能

アバターのカスタマイズの幅も広そうだ

 また、PICO 4は下半身の動きを効果的にモニタリングできる「PICO Fitnessバンド」や、持ち運びに便利な「キャリーケース」、あらゆるシーンで安定したワイヤレス接続を実現する「PCワイヤレスドングル」などにも対応する。

「PICO Fitnessバンド」

「PICO Fitnessバンド」は足に付けて使用する

 加えて、法人向けのプラットフォーム「Pico Business」や、アイトラッキングやフェイストラッキングも搭載する「PICO 4 PRO」も発表した。

「PICO 4 PRO」

●関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ