このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第974回

どっちでも良さそう:

アップル「iPhone 14 Pro」2つのパンチホールは1つに見える仕組み?

2022年09月06日 16時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが発売するiPhone 14 Proにある2つのパンチホールは、1つに見える仕組みが採用されているという。米メディアMacRumorsが8月31日に報じた。

 同紙は匿名の情報筋からの話として、iPhone 14 Proの前面ディスプレーにあるカプセル型+ホール型の2つのパンチホールは、画面点灯中はその隙間をソフト的に埋めて1つに見えるようにする仕組みが用意されていると伝えている。

 こうすることで視覚的に気にならないようになるとのことだ。

 実際に使ってみないことにはなんともわからない技術だが、米メディアBloombergのMark Gurman記者も9月1日に「このうわさは本当だ」とツイートしているため、搭載されている可能性はかなり高そうだ。

 

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中