このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

新車を買った情報2022 第106回

5年落ちフォレスターの憑き物を落とす

2022年09月04日 09時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5年前は新車だったクルマを買った情報2022、私は四本淑三です。今回の話題の中心と致しますのは、2017年型SJ5フォレスター。中古でクルマを買いますと、程度の差こそあれ前世のしがらみが憑いて参ります。両面テープで取りついたものやステッカーなどがその最たるもの。

 今回は粘着して付きまとうそれらを取り除いたというお話であります。作業としては誠に単純。ホームセンターに行けばそれ用の溶剤も売られておりますし、それにスクレーパーやウエスのようなものがあれば誰にでもできる。

 いずれにしても、こんな原稿にして送りつけるのも如何なものかというものですが、その作業に高圧洗浄機を使ったらもっと簡単だったというお話です。

オレのクルマに国のお墨付きなんか要らない

 ところで皆さん、中古車が納車されたら、まず最初に何をするでしょう?

 私はとりあえずガソリンを満タンにし、街中をたらっと走り、高速道路をぶっ飛ばして帰ってきたら、まず洗車します。もちろん納車前に洗車はしてあるはずですが、これはボディの傷、凹み、錆びなど、見てわかる範囲でクルマの状態をチェックするためです。

 その際に気になったのは、リアウィンドウに貼ってある例のステッカー。

 一番上は納車前に車室内外をクリーニングしましたという民間(トヨタ販売店)のステッカー。

 その下は燃費基準やら排ガス基準やらをクリアしたというお国のステッカーです。国交省と経産省が貼るようメーカーに仕向けたものですが、近年貼っても貼らんでもよしという通達があったらしく、もはや新車には貼られていません。もとより貼付義務などないものですから、さっさと剥がしましょう。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ