このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第56回

Windows 11 Insider Previewの裏設定でアイコン選択時に「アニメーション」が追加

2022年09月02日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 11 Insider Preview 25188がDevチャネルにリリースされた

 8月24日にWindows 11 Insider Preview 25188(Devチャネル)がリリースされた。このビルドでは、タッチキーボードの設定が変わり、「設定」→「時刻と言語」→「タイピング」→「タッチキーボード」の設定で、タッチキーボードの起動を制御する3つのオプションを利用できるようになった。その他、WindowsターミナルがWindows 11のデフォルトのターミナルになり、タスクバーオーバーフローなどに関連する問題を修正している。

 マイクロソフトのリリースには記載されていないが、このビルドには隠し機能も追加されている。ただし、標準では無効化されているので、今回は上級者向けツール「ViVeTool」を使って有効化してみた。

Githubで「ViVeTool-v0.3.1.zip」をダウンロードし、展開しておく

 Github(https://github.com/thebookisclosed/ViVe)から「 ViVeTool-v0.3.1.zip」(8月27日現在)をダウンロードして、展開する。続けて、管理者権限で開いたコマンドプロンプトで展開したフォルダーに移動し、「vivetool / enable / id:34878152」と入力。「Successfully set feature configuration(s)」と表示されれば成功だ。

管理者権限で起動したコマンドプロンプトでコマンドを入力する

 コマンド入力が成功したら、Windowsを再起動すると設定が反映される。この状態で、「設定」を開き、左側のメニューをクリックしてみよう。以前は普通に切り替わっていたのだが、メニューをクリックするとアイコンがアニメーション動作するようになったのだ。

設定の項目をクリックするとアイコンが少し動くようになった。「アプリ」では右上のブロックが少し跳ねているのがわかる

 「システム」ならディスプレイが光ったり、「ネットワークとインターネット」ならWi-Fiの強度が変わり、動くのは1秒に満たないくらいだが、かわいい動きをするのでおもしろい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン