• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2023February

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

ポーラインドでのブートキャンプやXdll選手の成長、TENNN選手について回答

ZETA DIVISIONのLaz選手が謙虚かつ冷静に語った「VALORANT Champions 2022」

2022年09月01日 20時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

8月31日に「VALORANT Champions 2022」が開幕

 8月31日から、ライアットゲームズのタクティカルFPS「VALORANT」の世界大会「VALORANT Champions 2022」が、トルコ・イスタンブールで始まっている。ヨーロッパ、北アメリカ、ブラジル、南アメリカ、韓国、APAC、日本のサーキットポイントランキング上位10チームと、各地域のLCQ(ラストチャンス予選)を勝ち進んだ6チームからなる計16チームが出場。日本からは、ZETA DIVISIONが参戦する。

 2022年の「VCT 2022 Stage 1 Masters」で世界3位という快挙を成し遂げたZETA DIVISION。そのあとに開催された「2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage2:Playoff Finals」では、惜しくも決勝でNORTHEPTIONで敗れてしまったものの、ポイントランキング1位は揺らぐことはなく、VALORANT Champions 2022に出場する運びとなった。

 そして、ZETA DIVISIONは、VALORANT Champions 2022の準備として、ポーランドで1ヵ月におよぶブートキャンプを実施。さらにはメンバーのTENNN選手が治療のため一時離脱し、代わりにSCARZのXdll選手が移籍加入するといったイレギュラーな事態も発生した。

 そんな中始まったVALORANT Champions 2022では、前日の30日にプレスカンファレンスが実施され、ZETA DIVISIONからはLaz選手が登場。メディアからの質問に答えてくれた。

ブートキャンプはすごくためになった
TENNN選手も順調に回復、出場もあり得る

プレスカンファレンスに登場したZETA DIVISIONのLaz選手

 プレスカンファレンスではまず、ポーランドで実施されたブートキャンプについて質問があり、Laz選手は「8月に1ヵ月ブートキャンプを実施しましたが、めちゃくちゃいい経験になりました」とコメント。続けて「アジアのスクリムと比べて戦略的なメタが違いましたし、プレイにバリエーションがあって、通用するものとしないものが全然違うので、単純にこっち(ポーランド)の環境でプレイすることが、レベルアップにつながっているなと感じるシーンが多かったです」と、ブートキャンプでの成長に自信をみせた。

 また、休養していたTENNN選手について聞かれたLaz選手は「悪化してから6週間ほどたって、かなり良くなってきていて、ゲームもできるようになっています。今は一緒に練習もしていて、どのマップで出るか、どれくらい出場できるかは確定していませんが、練習に合流したことでどんどん良くなってきています」と、TENNN選手の出場もあり得ることを示唆した。

 加えて、急遽加入したXdll選手については「若くて成長幅もモチベーションも高い選手です。これまで一緒にやってきて、とても成長したなと感じていますし、優秀な選手なのでこれからも伸びていくだろうなと感じています」とXdll選手を絶賛しつつ「そのうえで、テンタ(TENNN選手)がどれだけ大事な選手だったかというのも再認識しました」と、急遽のメンバー変更への難しさについても語ってくれた。

どこまでいけるかはわからないが、今まで以上のパフォーマンスが出せる

ブートキャンプではしっかりと手ごたえを感じている様子だった

 2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage2:Playoff Finalsから本大会までの期間については「しっかり休みつつ、フルパワーでChampionsを迎える準備はできたと思っています。スタンドインを迎えるにあたって、正直ぐちゃぐちゃになった部分もありましたが、準備時間はほかの大会よりも長く、個人練習もしっかりできたので、今まで以上のパフォーマンスが出るんじゃないかなと思っています」と回答。

 また、前回のVCT 2022 Stage 1 Mastersでの3位を引き合いに、今回はそれ以上を狙えそうかという質問については「前回のMastersは上手くいったしポテンシャルも十分に出せたと思っているので、今回についてはどこまでいけるかはわからないというのが正直なところですが、できる限りのことをやっていきたい」と回答、Laz選手らしく謙虚で実直な姿勢が印象的だった。

 日本を離れての大会という点については「ポーランドで1ヵ月ブートキャンプをすることができて、時差ぼけは解消されているので、そういったアドバンテージは起きないと思っています」と語った。

 そのほか、Laz選手が好んで使用していたサイファーがメタから外れている点については「サイファーは個人的に好きなエージェントトップ3には入りますが、キルジョイが登場したあたりで、サイファーを使う理由がなくなった印象ですね。とはいえ、キルジョイが上手く機能しないブリーズのような大きなマップだと、サイファーが活きてくる場合もあると思っています」と、答えていた。

ZETA DIVISION初戦は9月1日21時からのLOUD戦!
世界での大暴れを期待しながら応援しよう!

本大会でも、Laz選手をはじめとしたZETA DIVISIONの選手の「NICE!」が会場に響き渡ることを期待したい

 2022年のVALORANTの競技シーンの集大成となる本大会。ZETA DIVISIONは、9月1日21時からのLOUD戦が初陣となる。スタンドインといったイレギュラーはあったものの、ポーランドでのブートキャンプによってしっかりと準備はできているようだ。

 日本中のeスポーツファンが歓喜したVCT 2022 Stage 1 Mastersの活躍に続き、今回のVALORANT Champions 2022でもZETA DIVISIONが大暴れしてくれることを期待して、応援しよう。本大会は、TwitchYouTubeの公式チャンネルで配信予定だ。

本大会では公式チャンネルに加え、人気ストリーマーのウォッチパーティーの実施も決定している

■関連サイト

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう