Razer「Razer DeathStalker V2 Pro」

独特の打感がクセになりそうなRazer初の薄型キーボードの先行展示が始まる

文●山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerから、薄型エルゴノミクス設計のスリムなゲーミングキーボード「Razer DeathStalker V2 Pro」が登場する。英語配列モデルが8月26日、日本語配列モデルが9月9日より販売が始まる。価格は3万980円。現在、パソコンショップアークやTSUKUMO eX.ではサンプルを展示中で試し打ちが可能だ。

薄型エルゴノミクス設計のスリムなゲーミングキーボード「Razer DeathStalker V2 Pro」。独特の打感でクセになる人も多いかもしれない

 Razer初のスリムタイプゲーミングキーボードがまもなく登場する。赤外線を使用して入力を検知する「Razerロープロファイル光学スイッチ」を採用することで、低遅延入力を実現。トッププレートにはアルミニウム合金を採用し、耐久性を高めている。

トッププレートにはアルミニウム合金を採用。全体は薄いが重量は約1kgと安定感がある重さ

赤外線を使用して入力を検知する「Razerロープロファイル光学スイッチ」

 接続方式はRazer Hyper Speed WirelessのほかBluetooth 5.0、USB Type-Cの有線接続に対応する。サイズは437(W)×140(D)×28(H)mmで、重量は1030gとなっている。

停止、再生、スキップを設定したり、明るさから音量までコントロールできるマルチファンクションローラーとメディアボタン

英語配列モデルが8月26日、日本語配列モデルが9月9日より発売

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月