前へ 1 2 3 次へ

240Hzで3万円未満!プロチームに導入されたJAPANNEXT製ディスプレー

プロeスポーツチーム「原宿 STREET GAMERS」のゲーミングルームに潜入!現役ストリーマーに聞くJAPANNEXT製品の魅力

文●高橋佑司 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCやスマホ、コンシューマーゲーム機上でのデジタルゲームが競技として捉えられるようになり、「eスポーツ」という言葉が世界的に広まった。FPSや格闘ゲーム、スポーツゲームやパズルゲームなどを中心に、賞金付きの大会も各地で開催されており、職業としてのプロゲーマーも昨今では広く認知されるようになった。

 現在では、そうしたプロゲーマーを支援するプロチームも複数設立されている。そうした中で、2021年2月にBSデジタル放送局のBS12 トゥエルビを運営するワールド・ハイビジョン・チャンネルが新チーム「原宿 STREET GAMERS」(以下、HSG)を発足した。

 『若き才能を、原宿から世界へ』をチームコンセプトに、東京・原宿をホームタウンとする本チーム。現在、「PUBG MOBILE」や「Apex Legends Mobile」、「ぷよぷよeスポーツ」といったeスポーツタイトルの選手と、配信活動をメインに行なうストリーマーが所属している。

明治神宮前駅のHSGの広告に、JAPANNEXTのロゴが入っている

 2022年3月、そんなHSGとJAPANNEXTが、スポンサー契約を結ぶことが発表された。そして、HSGが新たにゲーミングルームを設立し、そのルームに同社のディスプレー製品が置かれることとなった。今回、まさに出来たてほやほやといったHSGのゲーミングルームを取材し、同チーム所属ストリーマー「さく8」(読み:さくや)さんと「Nigongo」(読み:にごんご)さんにインタビューを行なった。

 設立されたばかりなので、お二人も今回訪れるのが初となるそうだが、プロeスポーツチームのメンバーから見たルームの様子、そしてJAPANNEXTのディスプレーをどのように感じたのかお聞きしたい。

写真左がさく8さん、右がNigongoさん。さく8さんは顔出ししていないため、本稿ではアイコンで隠させていただく

240Hzディスプレー2台を備える
HSGのゲーミングルーム

HSGのゲーミングルームの様子。LEVEL∞のPCが5台設置されている

天井部のLEDはカラー変更も可能

各席に、PCや各種ゲーミングデバイス、そしてディスプレー2台とウェブカメラも備わっている

ゲーミングルームに設置されているディスプレーは、リフレッシュレート240Hzの24.5型ディスプレー「JN-IPS245FHDR240」。このスペックで3万円未満で購入できる高いコスパが魅力

■Amazon.co.jpで購入
前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月