このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2022年オススメ腕時計 旬モデル3選 第4回

【新作機械式時計】人気ブランドの実力派「カラー」に注目!

2022年07月30日 12時00分更新

文● 川口哲郎 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブライトリング/ナビタイマー B01 クロノグラフ 43(Ref.AB0138241C1P1) 各107万2500円

 春先に各社がこぞって発表した新作が、初夏を過ぎると本格的に店頭に出揃い、活況となる。新鮮な華やぎに包まれたショップで気になるモデルを手にとってみるのは、時計愛好家ならずとも心躍る体験だ。多くの人はこの時期「ボーナス」という追い風もあったりして、とかく時計選びに適した時節なのだ。

 今年は、新作のシーンがいつにも増して精彩を放っている。比喩ではなく、少なからぬ名作や定番の最新作が、文字通りカラフルな意匠でアップグレードされているのだ。新色の展開は時計業界で特異な手法ではないけれど、2022年のそれは従来の路線とは一線を画し、時計の魅力や価値を意外な角度から高めるアイデアに満ちている。「コロナ禍」でにわかにモノクロームの様相を呈することとなった世相に希望をもたらすための、各社のメッセージやサジェスチョンのようにもとれるトレンド。注目の3傑をご覧あれ!

 

ブライトリング/ナビタイマー B01 クロノグラフ 43(Ref.AB0138241C1P1)107万2500円

大胆不敵な「大人の艶」で魅せる新境地!
ブライトリング/ナビタイマー B01 クロノグラフ 43

 さまざまな時計のカテゴリーの中でも、「パイロットウオッチ」は常に高い人気を誇る。精度、視認性、耐久性、機能性といった航行に必須の要素を網羅したパイロットウオッチは日常生活においても抜群のポテンシャルを誇るだけでなく、必然的に研ぎ澄まされた機能美あふれるデザインが、品格ある大人のツールとして市井の人々をも魅了するのだ。

ラインアップは全5色。「ミントグリーン」はブライトリング ブティックのみで販売されるスペシャル・バージョンだ

 ブライトリングの代表作「ナビタイマー」は、その筆頭として長きにわたって愛されてきた定番。1952年に世界で初となる「航空用回転計算尺」を搭載したモデルとして開発され、以来、基本デザインを変えないまま着実に進化してきた名作が、70年の節目となる今年華麗かつダイナミックな変化を遂げた。

 このモデルの航空用回転計算尺は特殊な目盛を刻んだ回転式ベゼルで、操縦を妨げることなく飛行に必要な各種の計算が行える。現代のようなデジタル計器のなかった往時のパイロットにとって、まさに救世主のような存在だったのだ。果たしてナビタイマーは国際オーナーパイロット協会(AOPA)の公式時計として旅客機、空軍、果ては曲芸飛行を行うエア・ショーなど多彩な需要に応えながら世界中の空を駆け巡ることとなったが、最新作では回転計算尺が従来のすり鉢状から平滑な構造となり、ケースもより機能的で洗練されたフォルムに。仕上げが従来のフルポリッシュからポリッシュとヘアラインを組み合わせる手法に変わり、高級感も増した。

ブライトリングの集大成ともいえる完全自社開発・製造のクロノグラフ・キャリバーCal.01を搭載する

 こうした進化とともに、ナビタイマーのファンをもっとも驚かせたのはダイヤルのカラーバリエーションだろう。アイスブルーやミントグリーンといった従来の航空時計の概念を超える配色はナビタイマーが秘めていた別の魅力を引き出し、ファッションカルチャーとの境界も崩しながらデイリーユースでの価値をさらに高めた。

 このモデルのナビゲートの対象はもはや空路だけにあらず。あらゆる人々の、個性豊かな毎日だ。

ブライトリング/ナビタイマー B01 クロノグラフ 43
Ref.AB0138241C1P1
107万2500円

●主な仕様
駆動方式:自動巻き(連続駆動時間約70時間)
ケース径:43mm
ケース厚:13.6mm
ケース素材:スレンレススチール
ストラップ素材:アリゲエーター
風防素材:ドーム型サファイアクリスタル(両面無反射コーティング)
防水性能:3気圧防水

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ