• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022August

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

すでにメーカー保証期間外の本体も加入できる!

お手軽な修理保証サービスが登場!定額制サービス「ワイドケア for Nintendo Switch」が7月1日より開始

2022年07月01日 18時15分更新

文● Zenon/ASCII

※Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

 任天堂のグループ会社である任天堂販売は7月1日、リスクマネジメントサービスや保険代理業を行なうエーオンジャパンと共同で、スマートフォンからいつでも加入できるNintendo Switch向け定額制修理保証サービス「ワイドケア for Nintendo Switch」の申し込み受付、および提供を開始した。サービス価格は、月額200円または年額2000円。

 以下では、本サービスの4つのポイントを紹介していこう。

・「ワイドケア for Nintendo Switch」紹介ページ
https://www.nintendo-sales.co.jp/widecare/

POINT1 Nintendo Switchの購入時期を問わず「いつでも加入」OK

 新規で購入した本体はもちろん、購入から年月の経った本体でも、スマートフォンでいつでも加入できる。

※すでに故障している機器は加入できません。

POINT2 年間合計10万円分の修理に関わる費用を保証

 年間合計額10万円の範囲で、最大6回までの修理を保証(そのうち本体交換をともなう修理は2回まで)。修理品の発送・受け取りの際の送料も保証に含まれるとのこと。

POINT3 自然故障に加え、水漏れや破損も幅広く保証

 自然故障はもちろん水濡れによる故障、落下による破損など幅広く保証。小さな子どもがいる家庭や、外に持ち出す機会が多いユーザーにもおすすめの修理保証サービスとなる。

POINT4 加入後、故障や破損など「もしも」のときはマイページからカンタン修理依頼

 加入後、修理が必要なときは「ワイドケア for Nintendo Switch」サービスサイトにログイン後、まず「修理サービスのお申し込み」から修理を依頼しよう。

 すると自宅に修理品配送ボックスが届くので、修理品を梱包してヤマト運輸に集荷を依頼するか、近所のコンビニエンスストアより発送するだけで手続きは完了となる。

 発送用の送り状やダンボールを自分で用意する必要がないので、非常にカンタンな手順で完結するのが、本サービスの魅力だ。

料金プランは月額と年額2種類を用意

 料金プランは月々支払う「月額プラン」と、1年分まとめて支払う「年額プラン」の2種類。

 年額プランは月額プランに12ヵ月加入した場合と比べて、2ヵ月分お得となる。

※1契約あたりの料金です。最大5台までご登録いただけますが、それぞれの本体ごとにご契約が必要です。
※メーカー保証期間内での加入の場合、月額・年額プランどちらでも加入いただけます。
※メーカー保証期間外の加入または購入証明書類がお手元にない場合、年額プランのみ加入いただけます。
※本サービスは自動更新のため、更新手続きは必要ありません。

 

【サービス概要】

サービス名:ワイドケア for Nintendo Switch
サービス開始日:2022年7月1日
保証内容:本サービス加入後に故障または破損した登録ゲーム機に対する修理対応
保証の対象範囲:自然故障、水濡れによる故障、画面や本体の破損など
保証の対象機器:
日本国内向けに製造された
・Nintendo Switch本体(有機ELモデル含む)
・Nintendo Switch Lite本体
・本体に付属のJoy-Con(L)/(R)、Nintendo Switchドック、Nintendo Switch ACアダプター
※すでに故障している機器は加入できません。
※本体パッケージの中に入っているJoy-Con、ドック、ACアダプターに限ります。

加入方法:スマートフォンまたはカメラ機能付きタブレット端末より加入申し込み
料金プラン:月額プラン200円/年額プラン2000円
支払い方法:クレジットカードまたはデビットカード
保証の上限:修理に関わる費用を年間10万円の範囲で最大6回まで保証
(そのうち本体交換をともなう修理は2回まで)
修理時の自己負担金:0円(年間修理合計額10万円の範囲内)

※そのほかの詳細につきましては保証利用規約に記載の条件が適用されます。
※本プレスリリースの内容は2022年7月1日現在のものであり、予告なく変更する場合があります。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう