JN-IPS28UHDRC65Wをレビュー

4万円切りのUSB PD&KVM対応28型4KディスプレーでType-C充電ノートPCをフル活用!

文●宮崎真一 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

工具をまったく必要としないスタンド
映像入力はDisplayPort/HDMI/Type-Cの3系統

 次は外観の話題に入ろう。黒色の落ち着いた雰囲気で、筐体下部にあるシルバーのメーカーロゴが映えるデザインになっている。左右のベゼル幅は非表示領域を含めても実測で8mmほどしかなく、ゲームや動画をフルスクリーン表示した時のインパクトはかなり大きい。複数枚並べてもベゼルが邪魔に感じることはあまりないだろう。

ベゼル幅は実測で8mm

 外形寸法はスタンド込みで638(W)×238(D)×451(H)mmと、28型としては一般的なサイズだが、スタンドに高さ調節がない点は惜しい。しかし、+5~-15度のチルト機能があるので、目線に合わせた位置調整はさほど苦にならないはずだ。また、100×100mmのVESAマウントに対応しているため、別途アームを取り付けられる。

背面の様子。-15~+5度の上下の首振り、いわゆるチルト機能が利用できる

 スタンド下部は3点支持タイプで、台座タイプに比べてディスプレー直下のスペースが広くなり、そのスペースを有効活用できる。特にディスプレー直下に文房具などの物を置きたい人にとっては、このタイプのスタンドのほうが重宝するだろう。

 また、スタンドの足は重心が低く、安定性も良好だ。ちなみに、このスタンドは背面の支柱と足の2つのパーツで構成されている。これらをネジ1本で固定するのだが、それ用のドライバーが付属している点もありがたい。なお、支柱はディスプレー側に爪を合わせて固定するタイプなのでドライバーは必要ない。

3本の足で支持するタイプのスタンド

付属のドライバーでスタンドを組み立て、その後ディスプレー側にはめる

 OSD操作用ボタンは筐体右側の裏面に搭載。若干奥まった位置にあるため、もう少し手前にほしいところだが、ボタン自体の押しやすさはまったく問題がない。ボタンは5つ並んでおり、その内訳は上から「メニュー」、「明るさ調整」、「音量調整」、「映像ソース入力切り替え」、「電源ボタン」。OSDメニューでは上から「項目の選択と決定」、「項目を上に移動および数値の上昇」、「項目を下に移動および数値の減少」、「メニューを戻るおよび閉じる」に機能がそれぞれ変更される。

筐体右側の裏面に実装されたOSD操作用ボタン

 インターフェースについても触れておこう。映像入力はDisplayPort、HDMI、USB Type-Cの3系統だ。いずれも、最大4K/60Hzで表示できる。USB Type-CはAlt Mode(Alternate Mode)と呼ばれるもので、USB Type-CをDisplayPortと同じように扱える。なお、その際はノートPCやスマートフォンもAlt Mode対応にしている必要があるので注意しよう。

インターフェースは背面に装備。左から順にHDMI、DisplayPort、USB Type-C、USB Type-B、USB Type-A×2、ヘッドフォン出力、電源端子となる

 そのほか、USB Type-BとPCをUSBケーブルで接続することで、JN-IPS28UHDRC65WがUSBハブとして機能し、2つのUSB Type-AにUSB対応機器を接続できる。つまり、キーボードやマウス、ヘッドセットやゲームパッドなどをJN-IPS28UHDRC65Wに接続すれば、PCに挿さなくても良くなるわけだ。環境によっては、PCにUSBデバイスを接続するよりもケーブルが取り回しやすくなるだろう。

 ただし、USB Type-B to Type-Aケーブルを同梱していない点は片手落ち感が否めない。このあたりは改善を望みたいところ。さらに、USB Type-B以外にもUSB Type-CとPCを接続した場合でも、同様に2つのUSB Type-Aを使用できる。なお、Type-Cケーブルは付属しているので、こちらは別途用意する必要がないのでありがたい。

 さらに、ヘッドフォン出力用のミニプラグを1つ備え、筐体の上部には2Wのスピーカーを2基搭載している。そのため、音が頭上から聞こえる違和感があるものの、ある程度の距離を置けば問題ないレベルだ。また、そもそもゲームなどではヘッドセットを利用することがほとんどなので、あまり問題はないだろう。

上部にはスリットがあり、ここの左右に1基ずつスピーカーを内蔵している

 ディスプレーへの電源供給は付属のACアダプターを使用する。ACアダプターの仕様は24V/4Aで96Wだが、JN-IPS28UHDRC65Wの使用電力は最大36Wと控えめだ。これはUSB PD(最大65W)での電力供給を考慮しているためだろう。

出力96WのACアダプタ―が付属

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月