JAPANNEXT、豊富な映像入力を備える31.5型4Kゲーミングディスプレー「JN-315IPS144UHDR-N」を発売

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JAPANNEXTは5月20日、31.5型4Kゲーミングディスプレー「JN-315IPS144UHDR-N」を発売した。

 HDMI 2.1に対応し、HDMI接続時には4K解像度で120Hzの高リフレッシュレートを実現。DisplayPort 1.4に対応しており最大144Hzをサポート。PS5とのHDMI 2.1の4K 120Hzでの接続にも対応。HDRと400cdの最大輝度に対応し、PCやゲーム機で大画面かつ高精細な4Kゲームを楽しめほか、デスクワークにも対応。

 DisplayPort 1.4×2(144Hz)、HDMI 2.1×1(120Hz)、 HDMI 2.0×1(60Hz)の豊富な映像入力端子を装備するほか、異なる入力ソースの映像を同時表示するPIP(Picture In Picture)/PBP(Picture By Picture)機能を備える。

本体背面には鮮やかに光るLEDグラデーションライトを搭載

 本体には3W×2のスピーカーを内蔵するほか、スタンドはスイベル/チルトのほか高さ調節とピボットによる回転機能を装備。直販価格は10万9980円。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
04月
05月
06月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月