このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

最新PCを組む人向け、アマギフ必ずもらえるキャンペーンでSSDをお得にゲット!

Core i9-12900KS対9900KSは最大3倍向上の大幅進化!約2年半で最強ゲーミングCPUはどこまで変わった?

2022年05月28日 11時00分更新

文● 高橋佑司 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Dドライブを大容量SSD化して快適ゲーミングPC生活

 しかし、当然ながらゲーミングPCを構成するのはCPUだけではない。Core i9-12900KSを入手したとしても、より快適な環境を作るにはそのほかのパーツの世代交代もしっかり行なわなければならない。

 マザーボードやビデオカード、メモリーなど気になるパーツは多いが、意外と見落としがちなのがストレージ。読者の中には、OSをインストールしているメインストレージ、いわゆる「Cドライブ」にはNVMe接続のM.2 SSDを採用しているものの、データストレージとなる「Dドライブ」などには容量単価の安いHDDを採用している人も多いのではないだろうか。

 しかし実際、SATA接続のHDDとNVMe接続のSSDでは、その性能差は非常に大きい。最強ゲーミングPCをさらに快適にするためには、DドライブもSSD化するべきだ。その性能差を見るため、今回は「ソリダイム 670p(旧インテル)SSD」(以下、670p)と編集部で保有していた一般的なSATA HDDを比較してみよう。

「ソリダイム 670p(旧インテル)SSD」。ソリダイムはインテルのNANDフラッシュメモリー事業を引き継ぐ形で昨年末に設立された企業。同社のSSDには、インテルで長年培われてきた開発技術が使われている

 まず最初に、「CrystalDiskMark 8.0.4」で、670pとSATA HDDのパフォーマンスを比較してみた。

「CrystalDiskMark 8.0.4」で670pのパフォーマンスを計測した結果

こちらはSATA HDDの計測結果

 670pはPCI Express 3.0接続のSSDで、シーケンシャルリード速度はおよそ3500MB/s程度。一方、SATA接続のHDDはおよそ200MB/s程度なので、比べれば17倍以上と圧倒的に高速だ。

 これはゲームのローディング時間にも影響する。例えば今回、670pとSATA HDDそれぞれに人気RPG「ELDEN RING」をインストールして、ゲームのローディング時間を計測してみた。ゲームを起動してから「CONTINUE」を押して操作可能になるまでの時間、それとオープンワールドのワープ機能を使用し、祝福「嵐丘のボロ家」→「黄金樹を臨む丘」へ移動して操作可能になるまでの時間を計測した。

「ELDEN RING」のローディング時間比較

 PCゲーマーの中には、メインのCドライブの容量を圧迫しないように、ゲームをDドライブにインストールしている人もいるだろう。しかし、上の結果を見て分かる通り、HDDとM.2 SSDではゲームのローディング時間に差が出る。

 特にオープンワールドのゲームなどであれば、マップのワープ機能を持ったタイトルも多く、そのたびにローディングが挟まる。1回ぶんの差は数秒でも、積み重なればゲームの快適度に大きく関わるのだ。だからこそ、ゲーム用のドライブはHDDからM.2 SSDへの移行をオススメしたい。

インテルCPUや670pを買うとお得に!
豪華賞品やAmazon ギフト券がもらえる2大キャンペーン

 ここまでで、Core i9-12900KSの強力なパフォーマンスや、HDDをM.2 SSDに移行する有効性はご理解いただけただろう。連休を機に、Core i9-12900KSを採用した新たなPCを組んだり、既存のPCにSSDを増設したりするのも大いにオススメだ。

 実は現在、そんなユーザーを応援するお得なキャンペーンが2つ開催されているのをご存じだろうか。それがインテルの「インテル・マジック・キャンペーン」と、ソリダイムの「最大6000円のAmazon ギフト券がもれなくもらえる! ソリダイム 670p (旧インテル)SSD GWキャンペーン」だ。

 これらのキャンペーンは、インテル製CPUやソリダイム製SSDを購入することで豪華賞品が当たったり、Amazonギフト券が配られたりするというもの。この機にCPUやSSDを購入するならこれを見逃す手はない。以下では、それぞれの概要を紹介していこう。

■インテル・マジック・キャンペーン

 インテル・マジック・キャンペーンでは、期間中に対象製品を購入して応募すると、抽選でさまざまな賞品がゲットできる。見どころはその賞品。ゲーミングディスプレーやゲーミングチェア、ゲーミングヘッドセットなどのデバイスも嬉しいが、なんとこのキャンペーンでは、ゲームのオンラインコーチングサービス受講権が賞品として用意されている。

 eスポーツ専用トレーニングジム「esportsGYM」で受けられる人気FPSタイトル「VALORANT」のレッスンや、様々なゲームのコーチングを受けられるマッチングサービス「スキルタウン」のポイントなど、ゲームがうまくなりたい人向けの賞品だ。

 また、ゲーマーだけでなくクリエイター向けの賞品も。映像制作をはじめとしたクリエイティブな作業に使えるデバイスやソフトに加え、それらのスキルを学べるサービスの有料会員プラン1年ぶんなどもゲットできる。

 応募するには、対象となるインテル製CPUを購入することで、2万円ぶんを1口として応募できる。また、対象のマザーボードとSSDを購入すればその購入金額も加算され、応募口数を増やせるようになっている。さらに、Core i9-12900KSを含むKS/K/KFがつく型番のCPUを購入した場合、当選確率が2倍に。Twitterで指定のハッシュタグと製品パッケージなど購入したものがわかる写真をツイートすれば、さらに当選確率が2倍になる。

 最強のゲーミングPCを入手したなら、次は使用環境を整える番。デバイス環境はもちろん、それを使う自分の腕も磨けるというゲーマーもクリエイターも必見のキャンペーンだ。

キャンペーン概要

購入対象期間:2022年4月22日(金)~2022年6月23日(木)
応募期限:2022年6月30日(木) 23:59 
対象製品:
・第12世代インテル Core i5 / i7 / i9 プロセッサー
・第11世代インテル Core i5 / i7 / i9 プロセッサー
・上記CPUを搭載する対象メーカーのデスクトップPC
※新品購入および2022年6月30日(木)までに製品が納品される購入ぶんのみが対象。
※KS/K/KFがつく型番のCPUを購入した場合、当選確率が2倍。

施策内容:
対象製品の購入金額が合計2万円以上で1口応募可能。抽選で下記賞品が当たる。対象メーカーのマザーボードやSSDを購入すれば、その購入金額も上乗せされて応募口数を増やせる。Twitterで指定のハッシュタグと製品パッケージなど購入したものがわかる写真をツイートすると、当選確率が2倍に。

賞品:
・デジタルギフト(1000円ぶん):428人
・スキルタウン ポイント(1万円ぶん):20人
・esportsGYM レッスンプロの「VALORANT」コーチングレッスン(109分):5人
・BenQ MOBIUZ EX2710Q:2人
・オカムラ STRIKER SEATING EX(ブルー):2人
・EPOS H3 Hybrid:2人
・Blackmagic Design ATEM mini:5人
・Schooビジネスプラン会員(1年ぶん):20人
・Vook プレミアム会員サービス(1年ぶん):5人
・Adobe Creative Cloud コンプリートプラン(1年分、パッケージコード版):2人
・ソニー VLOGCAM ZV-1 本体のみ(ブラック):2人
・Loupedeck CT:2人
・DaVinci Resolve Studio:5人

詳細は下記キャンペーンページを参照
URL:https://core-square.jp/magic/

 

■最大6000円のAmazon ギフト券がもれなくもらえる! ソリダイム 670p (旧インテル)SSD GWキャンペーン

 本キャンペーンは、ソリダイムの670p 1TBモデルまたは2TBモデルを購入し、クイズに答えることでAmazonギフト券がもらえるというもの。SSD自体の購入で、1TBモデルは1000円ぶん、2TBモデルは2000円ぶんのギフト券がもらえる。さらに、対象のマザーボードとCPUを購入していれば、もらえるAmazonギフト券が増加する。「670p 1TB+マザーボード+CPU」なら3000円ぶん、「670p 2TB+マザーボード+CPU」なら6000円ぶんもお得になる。

 なお、このキャンペーンで期間中に購入しなければならないのは670pのみで、マザーボードとCPUは以前に購入したものでも対象モデルであれば応募できる。「少し前に新しいPCを組んでしまった」という人にもチャンスがあるので、ぜひ活用してほしい。

 ちなみに、1TBの容量があれば、50GBのゲームがおよそ20本入ることになる。昨今の大作ゲームはゲームファイルが50GB程度取ることも珍しくないが、そうしたタイトルを月に1本追加するようなヘビーゲーマーでも1年は持つ計算になるので、年末年始の大掃除にストレージも掃除、といったくらいのペースでデータ整理をすればよくなるわけだ。

 それでも整理の頻度が多すぎると感じるなら、2TBモデルを選びたい。とにかくたくさんのゲームを同時進行でプレイしたい人などはもちろん、動画を撮影してデータを保存しておきたいといった用途でも、これだけの容量があれば十分のはずだ。670pの1TBモデルと2TBモデルのどちらを選ぶかは、自分の使い方次第で決めるといいだろう。

キャンペーン概要

購入対象期間:2022年4月25日(月)~2022年6月30日(木)
応募期限:2022年7月31日(日) 
対象製品:
・ソリダイム 670p(旧インテル)SSD 1TB or 2TB
・第11世代/第12世代インテル Core i5 / i7 / i9 プロセッサー K付きモデル
・インテル 600シリーズ デスクトップ・チップセット搭載のマザーボード

施策内容:
①Amazonで対象のSSDを購入し、クイズに正解した人にもれなく「Amazonギフト券」をプレゼント
②ダブルチャンス:対象のSSDに加え、対象のCPU単体またはマザーボードも購入するとAmazonギフト券が2倍に
③トリプルチャンス:対象のSSDに加え、対象のCPU単体およびマザーボードも購入した人はAmazonギフト券が3倍に
※CPU/マザーボードの購入店、購入時期は不問
※応募はSSDと同時(例:先にSSDだけで応募しておいて、あとからマザーボードでも応募するなどは不可)
※マザーボードのみでの応募は不可

クイズ: 丸の中に入るカタカナ1文字は?「ソリ〇イム」

詳細は下記キャンペーンページを参照
URL:https://info-plus.jp/ssd2?utm_source=shop&utm_campaign=ascii

SSD増設の経験がなくても大丈夫!
次回は増設時の手順を紹介

 なお、「ソリダイム 670p (旧インテル)SSD GWキャンペーン」は、670p単体を購入してもギフト券がもらえるため、PCを一から組まずにBTO PCに組み込むといった使い方もできる。場合によっては、BTOのオプションでストレージを追加するよりお得になるかもしれない。

 ただ、自作経験がなくてSSDの組み込みなどをしたことがない人であれば、せっかく670pを購入しても、増設をする手順が分からないことだろう。実は、M.2 SSDの増設は非常に簡単だ。次回の記事では、そうした初心者向けにSSDの増設手順を解説していきたい。

(提供:テックウインド株式会社)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中