このページの本文へ

ソリダイム、ブランド初のPCIe 4.0対応M.2 SSD「ソリダイム P41 Plus」を発表

2022年08月03日 19時10分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソリダイムは8月3日、PCIe 4.0対応M.2 SSD「ソリダイム P41 Plus」を発表した。発売日や価格は未発表。容量は512GB、1TB、2TBをラインアップしている。フォームファクターはM.2 2280をサポート。なお、OEM向けには2230と2242のサイズも販売する予定。

 シーケンシャルリード速度は、512GBモデルが3500MB/s、1TB、2TBモデルが4125MB/s。シーケンシャルライト速度は、512GBモデルが1625MB/s、1TBモデルが2950MB/s、2TBモデルが3325MB/s。

 ドライブの動作監視ツールなどが可能な「Solidigm Synergy Software」などもサポートしている。

 ソリダイムは、インテルのNANDフラッシュメモリー事業をSKハイニックスが買収し、2021年12月にSKハイニックス傘下の米国子会社として設立した。ソリダイム P41 Plusは、ソリダイムブランドとしては初のSSD新製品となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中