• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • CPU性能が低いとGPU性能差も縮まる!?廉価版Ryzenと組み合わせる最適なRadeonを探ってみた

  • スクウェア・エニックス完全新作!ファンタジー×生活シミュレーションRPG『ハーヴェステラ』がSwitchとSteamで発売決定

  • 『SDガンダム バトルアライアンス』のオリジナル機体&キャラクターが判明!参戦する原作機体も続々と!!

  • スクウェア・エニックスの新作S・RPG『The DioField Chronicle』の先行体験生放送が7月2日に配信決定!

  • 『信長の野望・新生』合戦に関する詳細情報が公開。勝利を重ね天下統一を目指せ

  • 発売日が12月9日に決定!『ドラゴンクエスト トレジャーズ』店舗別予約・早期購入特典などの情報も公開

  • 滅亡後の世界にも脅威は降りかかる。PS4/Switch用サバイバルSLG『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』最新情報を紹介

  • 『あいりすミスティリア!』の『穢翼のユースティア』コラボ開催!コラボ実施の経緯についてインタビューも掲載

  • 胸元空いた呂布の浴衣がヤバい『れじぇくろ!』の七夕イベント「七夕に願いを込めて」をレポート

  • 『フォートナイト』で『NARUTO-ナルト- 疾風伝』コラボ第2弾が配信決定!「THE NINDO」の詳細もチェック

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022July

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

新システム「ハッキングトリガー」とは?

メタ科学アドベンチャー『ANONYMOUS;CODE』のストーリーやキャラクターの情報が判明!

2022年04月22日 15時05分更新

文● ASCII

 MAGES.は4月21日、Nintendo Switch/PlayStation 4用メタ科学アドベンチャー『ANONYMOUS;CODE』(アノニマス・コード)の公式サイトにて、ストーリー、ゲームシステムおよびキャラクター10名の情報を公開した。

 本作の発売日は、2022年7月28日。価格は、パッケージ通常版が8580円、ダウンロード通常版が7700円、パッケージ限定版が1万1880円となる。

デジタル社会が行きつく2037年 東京都、中野が舞台。陰謀渦巻く世界を駆け抜ける、若きハッカーたちの物語!

 本作は、現在の延長線上にあるデジタル技術が普及している2037年が舞台。ARやVRなどでデジタルとリアルを融合させ脳に知覚させる技術が、現在のスマートフォンのように日常的に使用され、社会に浸透しているデジタルの恩恵を受ける社会で起こりうるサスペンスを描いている。

ストーリー(ショートバージョン)

 些細な嘘と偶然の出会いから、主人公・ポロンは謎の少女“モモ”を襲い来る追跡者から守ることになる。

 その窮地の最中、彼にもたらされる「セーブ&ロード」アプリ。

 それを使えば、まるでゲームのように時を記録しやり直すことができる……。

 無数に分岐する現実を「ハッキング」し、世界を救う結末を“ロード”せよ! これは、未来を書き換える“ハッカー”たちの物語。

実況プレイ動画編集版公開中

 2022年4月1日に原作者である志倉千代丸が実況配信した映像を、ゲームの「第1章」と「第2章+α」に分割した編集版を、公式サイトおよびYouTubeで公開中。こちらで本作の世界に触れてみてはいかがだろうか。

世界初公開ANONYMOUS;CODEゲーム配信(編集版)第1章

世界初公開ANONYMOUS;CODEゲーム配信(編集版)第2章+α

キャラクター

”困ってる人を放っておけない将来有望の名無しさんたち”
それが中野シンフォニーズの信条だ!

高岡歩論(ポロン)
Takaoka Pollon
CV:千葉翔也さん

本作の主人公。通称、ポロン。中野を中心に活動する2人だけのチーム「中野シンフォニーズ」を結成し、困っている人たちを助けている。誰もが憧れるかっこいいヒーローになることが夢。ハッカー稼業をメインにしているのは生活費を稼ぐために仕方なく。ハッキング能力は飛び抜けて高いわけではない。持ち前の「ひらめき」による発想力と、大胆不敵さで、いろいろな場所に忍び込んだり、相手を翻弄し情報を入手するホワイトハッカー。16歳

すみません、黙ってましたが、言います!
私、追われてるんです!

愛咲もも(モモ)
Aizaki Momo
CV:夏川椎菜さん

本作のヒロイン。通称、モモ。ポロンが偶然出会った「現れるはずのない駆け落ち相手」。何者かに追われており、困ってる人を放っておけないポロンが手を差し伸べる。身元を明かさずにいる謎の少女。デジタルガジェットに疎く、ポロンと出会ったときはデジタルガジェットを一切持っていなかった。年齢不明

そうやってすぐ調子に乗るのが、
お前のいいところでもあり悪いところでもある。

弓川十字(クロス)
Yumikawa Cross
CV:杉田智和さん

ポロンの親友にして相棒。ポロンと2人だけのチーム「中野シンフォニーズ」のメンバー。通称、クロス。情報収集能力、分析能力が高く、物知り。さまざまな情報を分析してポロンの物理的侵入をサポートする。ハッカーとしての能力は高い。ポロンより年上のため、兄貴のように振る舞うことがある。17歳

朗報朗報! マジですごい情報入ってきたよー!

牧 風都(ウインド)
Maki Wind
CV:高仲祐之さん

中野で情報屋を目指している高校生。通称、ウインド。ポロンとクロスを一方的に気に入っているが、本人は中野ナンバーワンにして中野オンリーワンを目指してると言って、チームには加入していない。陽気で、馴れ馴れしいが、他人のいいところをすぐに認められる気持ちのいい性格の持ち主。アプリのAIキャラクターとの恋愛に夢中。16歳

そう簡単に傷は癒えたりしないさ。
誰だって心に蓋をしてんだ。

小津谷天弦(オズ)
Ozutani Tengen
CV:咲野俊介さん

中野で探偵事務所を拠点に活動する、自称なんでも屋の男。通称、オズ。気だるげな中年だが、調査能力や交渉能力は抜群。自分が古くさい人間であることは自覚していて、BMIも付けたがらない。オカルトや都市伝説、陰謀論について詳しい。数年前に突然、たったひとりで中野で探偵事務所を始めた。37歳

よーし、世界一凄い天才美少女ノンノが一肌脱いじゃう!

宝生乃々花(ノンノ)
Hosho Nonoka
CV:木野日菜さん

小津谷天弦探偵事務所に所属するハッカー兼ガジェット開発者。通称、ノンノ。見た目とは裏腹に大人相手にも物怖じしない、小生意気な少女。自分の才能に絶対的な自信を持っている。明るい性格のため学校には友だちがたくさんいる。10歳

れっきとした警察官です!
是非ファンになってね、少年♪

倉科子鹿(バンビ)
Kurashina Bambi
CV:山本彩乃さん

警視庁サイバー対策課サイバー対策室の広告塔として結成したアイドルユニット「サイバーフォースドール」のセンター担当。4月から警察官になり、現場に出るようになってまだ数ヶ月の新人。職務に真面目で、何事にも全力で取り組むが、ちょっぴりドジ。日々、警察官としての訓練に加え、アイドルとしての練習にも取り組んでいる。19歳

ちょっと、バンビ。
遊んでないで仕事するよ。

澤衣梨心(リコ)
Sawai Riko
CV:岡木陽夏さん

「サイバーフォースドール」のメンバー。バンビの1年先輩。ステージでの立ち位置は向かって左側。サイバー対策課所属の警察官で、サイバーフォースドールのオーディションに強制的に参加させられ、本人は乗り気ではなかったが、メンバーに選ばれてしまった。しかし、仕事に対しては真面目なので、決して手を抜いたりはしない。19歳

サボってると室長に怒られちゃうわよ~?

京極彩羽(イロハ)
Kyogoku Iroha
CV:本多真梨子さん

「サイバーフォースドール」のメンバー。ステージでの立ち位置は向かって右側。メンバー最年長で、警察官としても一番先輩。人当たりが良く、マネージャー的な役割も兼ねている。言動はおっとりしているが、自分をしっかり持っており、周囲の意見には流されない。21歳

いかなるときも、
キュートな笑顔を忘れないように。

鮫洲 馨(カオル)
Samezu Kaoru
CV:上田燿司さん

警視庁サイバー対策課サイバー対策室の室長で、バンビたちの上司。上層部から「サイバーフォースドール」の企画を押し付けられ、わからないなりに勉強し、プロデューサー的な業務も行なっている。真面目で堅苦しそうな見た目や言動の印象と違い、実際にはどんな状況に対しても柔軟な対応ができる人物。学生時代は優秀なハッカーで、その腕を生かしてサイバー対策課に入った結果、すぐに実力を認められ、若くして室長に抜擢された。27歳

プレイヤーと主人公が協力するゲームシステム

アニメや漫画、小説ではなく、ゲームだからこそできる新システム「ハッキングトリガー」

 本作では、ADVゲームで主流の選択肢によるシナリオ分岐は無く「ハッキングトリガー」によって分岐する。そして、分岐した結果が「マンガトリガー」によって表現される場合がある。

 「ハッキングトリガー」では、プレイヤーはポロンが持つ「セーブ&ロード」アプリをいつ使うべきか提案することが可能。セーブ&ロードを実行するか否かの判断はポロンの手に委ねられており、ポロンが同意したときのみ実行される。ポロン1人では考え付かなかった最適なタイミングを提案して、セーブ&ロードを実行してもらうと……。

 そのプレイヤーとポロンの協力関係が、物語を進めるカギになる。

【セーブ&ロード】― 未来を“ハッキング”できるポロンのアプリ

 ポロンが手に入れた「セーブ&ロード」アプリは「現在」をセーブすることができる。そして、そのデータをロードすることでセーブした時点からやり直しが可能だ。「セーブ&ロード」の主導権はポロンが握っているが、データスロットはプレイヤーも使用可能で、ポロンと共有される。

ポロンは「現在」をセーブできる

「ハッキングトリガー」を使うと、プレイヤーはポロンに働きかけることができる

【マンガトリガー】― “マンガナイズ”されたシナリオ分岐の表現

 「マンガトリガー」では、激しいアクションシーンや難解な説明をマンガのコマを追うようにして、テンポ良く、かつ、わかりやすく見せていく。ハッキングトリガーによって分岐した結果を表現することもある。

ロード前、モモを連れて逃げ出すことに失敗するポロン

ロード後、未来を知っていたポロンは、モモを連れて逃げだすことに成功

【ゲーム情報】

タイトル:『ANONYMOUS;CODE』(アノニマス・コード)
ジャンル:メタ科学アドベンチャー
販売:MAGES.
プラットフォーム:Nintendo Switch/PlayStation 4
発売日:2022年7月28日
価格:
 パッケージ通常版:8580円
 ダウンロード通常版:7700円
 パッケージ限定版:1万1880円
CERO:C(15才以上対象)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう