絶対行きたい! この街のあの名所 第23回

例年の見ごろは4月中旬~下旬。周辺散歩も楽しい県内有数の桜の名所「千秋公園」

文●越智龍二 イラスト●サタケシュンスケ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 秋田県のほぼ中央に位置し、東には出羽山地、西には日本海が広がる緑豊かな公園都市の秋田市。一方で県政の中心・県庁所在地でもある街は、毎年8月に行われる、東北三大祭りの一つで約270年の歴史を持つ国重要無形民俗文化財の「秋田竿燈まつり」が有名です。

 この街を訪れるのが春だとしたら、ぜひ「千秋公園」でお花見を! JR秋田駅から徒歩15分の場所にある公園は、四季折々の花が織りなす景色を眺めながら散策できる人気スポットで、春には桜の名所として多くの人でにぎわいます。市内の桜は例年4月中旬~下旬の開花ですが、千秋公園は高台にあるので、気象庁が発表する開花時期よりも、二の丸で1~2日、本丸だと4~5日程度遅くなるので、訪れる際はご注意ください。

ソメイヨシノをはじめ約700本の桜が咲く名所

千秋公園

 「日本さくら名所100選」にも選ばれている、県内有数の桜スポットが「千秋公園」です。秋田藩20万石佐竹氏の居城・久保田城跡に造られた公園は、春になると、ソメイヨシノやシダレザクラなど約700本の桜で彩られます。絶景のビュースポットは、二の丸の周辺と御隅櫓(おすみやぐら)の展望室。二の丸周辺では芝生に寝転びながら、展望室からは園内を上から見下ろして、心華やぐ花見を楽しむことができます。

DATA
住所:秋田県秋田市千秋公園
電話:018-888-5753
千秋公園


 

 千秋公園の近くには、吉永小百合さんが出演したCMにも取り上げられた、藤田嗣治の大壁画「秋田の行事」がある秋田県立美術館や、その壁画にも描かれた「秋田竿燈まつり」の歴史や雰囲気を感じられる秋田市民俗芸能伝承館があり、花見と合わせて市内をぶらりと巡るのもおすすめです。また、桜の時期に販売される名物「桜咲くさくらゼリー」はおみやげにもぴったり。市内の老舗「菓子舗榮太楼」が手掛ける、ピンク色のゼリーの中に桜の花が入った逸品で、秋田駅近くにも店舗があります。

※写真はイメージです。
※この記事は、「つなぐ旅~東日本~ ひがしにほんトラベルガイド」 から転載しています

この記事の編集者は以下の記事もオススメしています

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
05月
11月
12月
2019年
05月
2018年
03月
2016年
01月
09月
11月
2015年
11月