4Kモデルはタッチ対応モバイル、4万円切り、98型、144Hzのゲーミングまで目白押し!

360Hz液晶が驚愕の6万円切り!?この春欲しいJAPANNEXTの超コスパ液晶ディスプレー7選

文●高橋佑司 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4万円アンダーで4K入門に最適!
コスパで選ぶ「JN-IPS28UHDRC65W」

 他社では5万円以上の製品も珍しくない4Kディスプレー。そんな中、JAPANNEXTの「JN-IPS28UHDRC65W」は4万円切りという思い切った価格設定の大注目モデルだ。従来のSDRよりも幅広い明暗を表現できる「HDR 10」に対応している。そのため、映像の暗い部分が黒くつぶれたり、明るい部分が白トビしたりしづらい。

 ディスプレーサイズは28型と比較的大きめなので、机上で迫力のある映像が楽しめる。作業の合間やおうち時間など、「YouTube」や「Netflix」を視聴する機種としてオススメしたい。

 また、USB PDに対応しており、USB Type-Cケーブル1本で対応デバイスから映像を出力できる。仕事や学業でモバイルノートPCを使っている人は多いと思うが、対応機種であれば手軽にマルチディスプレー環境ができあがる。高精細な4K/28型の大画面をサブに使えば、ビデオ通話中に資料を検索・閲覧するなど、ノートPC単体より作業がはかどること間違いなし。ちなみに、KVM機能もサポートしているので、デスクトップPCとの連携も期待できる。

JN-IPS28UHDRC65Wの主なスペック
パネル 28型IPS(ノングレア)
解像度(アスペクト比) 3840×2160ドット(16:9)
表示色 10.7億色
輝度 300cd/m2
コントラスト比 1000:1
視野角 178度(水平)/178度(垂直)
リフレッシュレート 最大60Hz
応答速度 最大5ms
インターフェース HDMI 2.0、DisplayPort 1.4、USB Type-C、USB Type-B、USB Type-A×2、オーディオ出力
スピーカー 2W×2
チルト -15~+5度
高さ調節 -
スイーベル -
ピボット -
サイズ(スタンドを含む)/重量 638(W)×238(D)×451(H)mm/約5.15kg
その他 KVM機能、AMD FreeSync、USB PD(65W)、HDR 10
直販価格 3万9980円

約1.2メートルの圧倒的な横幅!
Dual WQHDの「JN-VC490DWQHDR」

 普通のディスプレーでは表示スペースが足りないけど、2台は置きたくないという人もいるだろう。そんな方には32:9という超横長なアスペクト比を誇る、ウルトラワイドディスプレー「JN-VC490DWQHDR」がオススメ。16:9の一般的なアスペクト比である2560×1440ドット(WQHD)のディスプレーを2枚並べた場合と同等の解像度だ。ウェブページやPDFファイルの並列表示はもちろん、Excelなどの表計算ソフトでも広大な情報量を表示できる点が嬉しい。

 内側に沿った曲面パネルを採用しているため、視界を覆う画面の没入感も魅力。リフレッシュレートは最大120HzとFPSゲームにはやや物足りないが、120pの高フレームレート映像を視聴するぶんには快適だろう。また、ウルトラワイド表示に対応しているレースゲームやフライトシミュレーターなら、迫力満点でプレイできるはずだ。

JN-VC490DWQHDRの主なスペック
パネル 49型曲面VA(ノングレア)
解像度(アスペクト比) 5120×1440ドット(32:9)
表示色 1677万色
輝度 400cd/m2
コントラスト比 3000:1
視野角 178度(水平)/178度(垂直)
リフレッシュレート 最大120Hz
応答速度 最大6ms
インターフェース HDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4×2、USB Type-A、オーディオ出力
スピーカー 2.5W×2
チルト -5~+15度
高さ調節 -
スイーベル -
ピボット -
サイズ(スタンドを含む)/重量 1199(W)×246(D)×471(H)mm/約11kg
その他 AMD FreeSync、HDR 10
直販価格 15万9980円

21.5型画面をタッチで操作できる!
使いやすさの「JN-IPS215FHDR-T」

 ウェブブラウジングや動画視聴時、マウス操作が面倒に感じる時はないだろうか。キーボードとマウスから手を放して、飲み物でも飲みながらひと休みしている時、ちょっと画面をスクロールしたり、次の動画を再生したりする時に、直接画面に触れて直感的な操作ができると嬉しい、と思う人もいるだろう。

 そんな人にオススメなモデルが、マルチタッチパネルを搭載するフルHDディスプレー「JN-IPS215FHDR-T」だ。Windows PCを接続すると、最大10点のマルチタッチを認識できる。スワイプ操作と組み合わせ、アプリの切り替えや文字の拡大といった、Windows 10/11で使えるジェスチャー操作をサポートする。

 しかもサイズは21.5型。スマホやタブレット端末よりもはるかに大きな画面で、動画視聴やウェブブラウジングに興じられる。タッチ対応モデルと言っても、お値段は3万円台と導入しやすい価格になっている点も好印象だ。

JN-IPS215FHDR-Tの主なスペック
パネル 21.5型IPS(ノングレア)
解像度(アスペクト比) 1920×1080ドット(16:9)
表示色 1677万色
輝度 250cd/m2
コントラスト比 1000:1
視野角 178度(水平)/178度(垂直)
リフレッシュレート 最大75Hz
応答速度 最大5ms(OD)
インターフェース HDMI 1.4、USB Type-C、USB Type-A×2、オーディオ出力
スピーカー 2W×2
チルト -5~+15度
高さ調節 -
スイーベル -
ピボット -
サイズ(スタンド含む)/重量 491(W)×157(D)×381(H)mm/約2.5kg
その他 AMD FreeSync、10点マルチタッチ、HDR 10
直販価格 3万2980円

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月