このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第166回

第11世代Coreや14型ディスプレーなど、毎日の作業を快適にこなせる性能をしっかり搭載

1.4kg切りの薄型! 新世代の実用14型ノート「HUAWEI MateBook D 14」レビュー

2022年03月22日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎回さまざまなジャンルで展開されているファーウェイ製品を詳しく紹介する「ファーウェイ通信」。今回は発表されたばかりのノートPCの新製品。14型ディスプレーや第11世代インテル Core i5などを搭載した実用タイプのノートPCでありながら、約15.9mmの薄型筐体に重量は約1.38kgと、持ち運びしやすく、モバイル用途での利用も可能な「HUAWEI MateBook D 14 2022」をレビューする。

実用性重視の「HUAWEI MateBook D」シリーズに14型の新モデルが新登場。約1.38kgとモバイルでの利用も可能な注目の製品だ

ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズに
新たなベーシックモデル登場! 14型で約1.38kgの軽量実用マシン

 ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズには、個性が異なるモデルを幅広くラインアップしている。今回登場した「HUAWEI MateBook D 14 2022」は、実用性を重視という位置づけだ。

 製品名からもわかるとおりに、14型液晶のフルビューディスプレーを搭載。ベゼル幅は狭く画面占有率は約84%、縦横比と画面解像度は標準的な16:9とフルHD(1920×1080ドット)だ。テュフ ラインランド社の認証を受けた低ブルーライト、フリッカーフリーの設計も特長となっている。

ディスプレー部の細身のベゼルが1つの特長。なお、製品版では日本語配列のキーボードが搭載される

 先ほど実用性重視のモデルと言ったが、厚みは約15.9mm、重量は約1.38kgと薄型軽量でカバンに入れて日常的に持ち運んで利用できるレベルに収まっている。また、本体カラーは落ち着いたスペースグレーで、無駄を削ぎ落としたシンプルなスタイル。メタルボディーは質感が高く、高級感も漂わせている。

スペースグレーのカラバリと金属素材で落ち着いたイメージ

モバイルPCに近い薄型軽量が魅力的だ

 12万9800円という市場想定価格も魅力のひとつだ。詳しくは後述するが、HUAWEI MateBook D 14 2022はCPUに第11世代インテルCore i5を採用。その性能の高さを考えると、コストパフォーマンスは良好と言える。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店