このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第167回

薄型軽量ボディーにインテル製CPUやクアッドスピーカー、キーボードカバーなど注目の機能を満載!

ファーウェイ初の有機EL採用の2in1 PC「HUAWEI MateBook E」詳細レビュー!

2022年03月30日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 多彩なジャンルでリリースされるファーウェイ製品を詳しく紹介している「ファーウェイ通信」。今回はノートPCの新製品。普段はタブレットとして、キーボードカバーを取り付けるとノートPCとして使える2in1 PC「HUAWEI MateBook E」をレビュー。HUAWEI MateBookシリーズでは初となる有機ELディスプレーに加え、第11世代インテルCore i5/i3を搭載するなど高いスペックを持ちつつ、薄型軽量で持ち運びもしやすい点も特徴の1台だ。

ファーウェイから久々に2in1タイプのノートPCが登場。「HUAWEI MateBook E」について詳しく見ていく。なお、キーボードカバーの「HUAWEI Smart Magnetic Keyboard」は写真では英語配列だが、実際の製品では日本語配列となる

ファーウェイから久々登場の分離型2in1ノートPCは
OLEDによる美麗ディスプレーと薄型軽量ボディーが特長

 ここにきてラインアップを着実に拡充しているファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズ。今回は、同社のノートPCとしては初のOLED(有機EL)ディスプレーを搭載し、持ち運びしやすい薄型軽量ボディーが特長の2in1モデル「HUAWEI MateBook E」を見ていこう。

OLED(有機EL)パネルを採用。やはり映像や写真の表示で特に強味を発揮する

 最大の特長はやはり12.6型のOLEDディスプレーだ。画面占有率は約90%で、4辺すべてが5.6mmのスリムベゼル仕様。画面解像度は2560×1600ドット(240PPI)で、最大輝度600ニト、コントラスト比100万:1、シネマレベルの広い色域により、強烈な明暗の対比と鮮やかな色彩が印象的。やはり映像や写真などのコンテンツを楽しむのに非常に適した1台と言えるだろう。一方で、ファーウェイ初となるテュフ ラインランド社の「フルケアディスプレイ2.0認証」を取得しており、長時間でも快適に利用できる。

ベゼルの細さも本機の特長。それでもインカメラはしっかり上部に用意されている

 後述するような非常に高い性能にも関わらず、薄型軽量であるのも魅力の1つ。本体の重量は約709gで、後述する専用キーボードとの組み合わせでも、持ち運びが苦にならない。また、本体の厚みが約7.99mmと薄く、バッグの中でかさばることはない。仕事はしない前提で外出する場合は、本体だけ持って行けば荷物は少なくなるが、それでもちょっとしたメール程度ならソフトウェアキーボードで入力可能。外でも本格的に作業をする予定ならキーボードカバーもセットで持っていくといい。使い分けが可能なのは分離型2in1マシンの美点だ。

8mmを切る薄さ。ここに高性能CPUやその冷却機構を含む基板が内蔵されている

 デザインは、誰にでもフィットする親しみやすいスタイル。本体の角部分だけでなく、画面の四隅も丸くなっているため、優しい印象を与える。ボディー部分はアルミフレームで、頑丈さと軽さを両立。本体背面はシリコン粒子が組み込まれた特殊な塗装になっており、柔らかな触り心地となっている。本体カラーは上品な印象のネビュラグレーだ。

背面は柔らかい感じの手触りになっている

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店