大阪・関西万博の「パビリオン出展」企業・団体が内定

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は2月10日、企業・団体等による2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)「パビリオン出展」への参加者を内定したと発表した。

 同協会は2021年9月16日~10月29日まで企業・団体等を対象に、大阪・関西万博の会場内でパビリオンを建設し、本万博のテーマに沿って工夫を凝らした展示や演出を行なうことにより、来場者に未来社会を感じさせ感動を与えてくれるチャレンジ精神に溢れるパビリオン出展参加者を募集していた。

 同協会にて「パビリオン出展審査委員会」を開催し審査を実施。日本政府との協議の上で下記の13企業・団体がパビリオン出展参加者に内定したことを発表した。

■出展参加者(五十音順)
・飯田グループホールディングス株式会社
・一般社団法人大阪外食産業協会
・住友EXPO2025 推進委員会
・特定非営利活動法人ゼリ・ジャパン
・玉山デジタルテック株式会社
・電気事業連合会
・一般社団法人日本ガス協会
・日本電信電話株式会社
・株式会社バンダイナムコホールディングス
・株式会社パソナグループ
・パナソニック株式会社
・三菱大阪・関西万博総合委員会
・吉本興業ホールディングス株式会社

 

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
05月
11月
12月
2019年
05月
2018年
03月
2016年
01月
09月
11月
2015年
11月