このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第162回

カナル型だけでなく、開放型+ノイキャンという独自タイプもあり!

ファーウェイが力を入れる完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds」シリーズはここがスゴい!

2022年01月21日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最後に、ユニークなコンセプトを持つ個性派モデルの2機種を紹介しよう。

口紅型ケースが過去にない製品「HUAWEI FreeBuds Lipstick」

 まず1つめは、口紅型ケースを採用した「HUAWEI FreeBuds Lipstick」(市場想定価格は税込2万1780円)だ。このケースはブラックとゴールドというクラシックな組み合わせのカラーリングで、女性のバッグの中に入っていてもまったく違和感がない個性派。鏡のように研磨されたステンレスボディーは高級感もある。

口紅をモチーフにした美しいケースにイヤホンが入っている

 イヤホン本体のカラーは鮮やかなレッドで、HUAWEI FreeBuds 4がベースになっている。HUAWEI FreeBuds 4は前述したように、開放型ならではの自然な装着感が特長となっており、HUAWEI FreeBuds Lipstickでもそれは同様。利用者の好き嫌いが生じにくく、使いやすいモデルなので、女性へのプレゼントにも適していそうだ。

 もう1つの「HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II」は、厳密にはウェアラブル端末に分類される製品だが、フレーム部にセミオープンスピーカーを搭載。Bluetooth 5.2で接続したスマホからの音楽をクリアな音質で楽しんだり、内蔵マイクによる音声通話が可能だ。フレーム部のタッチやスワイプで音楽再生/一時停止などのコントロールができ、フル充電状態では約5時間の音楽再生に対応する。

見た目はサングラス。しかし、フレーム部分にスピーカーが内蔵されている

 実際にHUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear IIを使ってみたが、直接耳に装着しないのに想像以上にクリアなサウンドが楽しめるので驚かされた。また、GENTLE MONSTERという“本職”のアイウェアブランドがデザインしていることもあって、本機単体で見る以上に実際に着けたときの装着感や見た目が自然だった。耳を塞がないで済むため、使い続けても疲れにくいのは間違いなく、通常のメガネタイプの「Kubo」モデルであれば、テレワークで利用するのもアリだと感じた。

着用してもスピーカー内蔵には見えない

 HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear IIは、サングラスタイプの「Lang」とメガネタイプの「Kubo」の2モデルがラインアップされ、市場想定価格はどちらも4万3780円となっている。

   

提供:ファーウェイ・ジャパン

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店