このページの本文へ

ファーウェイ通信 第162回

カナル型だけでなく、開放型+ノイキャンという独自タイプもあり!

ファーウェイが力を入れる完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds」シリーズはここがスゴい!

2022年01月21日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自然な着け心地で支持者が多い開放型でありながら
ANCも搭載する「HUAWEI FreeBuds 4」

 次は、開放型でアクティブノイズキャンセリング機能も搭載する「HUAWEI FreeBuds 4」を見ていこう。

開放型なのにアクティブノイズキャンセリング! ちょっと不思議な感覚もある「HUAWEI FreeBuds 4」

 同機最大の特徴はHUAWEI FreeBuds 3でも話題になった、開放型なのにアクティブノイズキャンセリングを実現している点。カナル型はその特性上、どうしても閉塞感があり、「イヤホンは開放型じゃないと嫌」という層は一定数存在している。本機はその開放型でありながら、最大25dBのノイズキャンセリング性能を提供。開放型なので、アクティブノイズキャンセリング機能オフ時は当然周りの音はほぼそのまま聞こえるのに、オンにした途端、ノイズはスッと引っ込むような効果が得られるので、魔法をかけられたかのような少し不思議な気分すら生じる。

本体部分をタップすることで各種の操作も可能

 また、イヤホン単体で約4.1gと非常に軽く、多数の耳型のサンプルに基づいて設計されたという形状のおかげもあって、長時間の装着でも耳への負担が少ないこともポイントとなる。開放型であることと合わせて、テレワークでの長時間のオンライン会議でも違和感なく使い続けられるのは大きなメリットだと言える。また、HUAWEI FreeBuds Proと同じく、デュアルデバイス同時接続にも対応している。

本体は比較的長めだが、実際の重量は軽くて、着け心地も軽快

 市場想定価格は税込1万8480円で、本体カラバリはセラミックホワイトとシルバーフロストの2色。

1万円切りという手に入れやすい価格を実現しつつも
ANCも搭載した「HUAWEI FreeBuds 4i」

 3機種目は、HUAWEI FreeBudsシリーズの中ではスタンダードモデルの位置づけとなる「HUAWEI FreeBuds 4i」。市場想定価格が9680円と、手を出しやすい価格となっている。

1万円以下の価格でアクティブノイズキャンセリング機能も付くという、人気の中心となっているゾーンの製品の「HUAWEI FreeBuds 4i」

 とはいえ、アクティブノイズキャンセリング機能はしっかり搭載するなど、性能面で大きく妥協しているわけではない。カナル型の完全ワイヤレスイヤホンとしては比較的大型となる10mm径のダイナミックドライバーを搭載し、音質も良好。アイスランドの景勝地の景色からインスピレーションを受けたというデザインも洗練されており、単に“安価なモデル”とは一線を画している。

 また、単体での連続音楽再生がノイズキャンセリングオフ時で約10時間、オン時でも約7.5時間と比較的長いのもメリット。標準付属の充電ケースを利用すれば、それぞれ約22時間と約16.5時間まで延びる。バッテリーの持ちは完全ワイヤレスイヤホンの使い勝手を左右するだけに、ここは注目したいポイントだ。

ボリュームゾーンの製品だが、艶やかな黒のデザインが美しい。カラバリは写真のカーボンブラックのほか、セラミックホワイト、レッド、シルバーフロストの計4色が用意されている

 本機は通勤やトレーニングの時などに、とにかく気軽に使いたいユーザーに最適なモデルと言える。また、手頃な価格のため、完全ワイヤレスイヤホンを初めて使うという人にも向いている。カラバリはカーボンブラック、セラミックホワイト、シルバーフロスト、レッドの4色が用意されている。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店