前へ 1 2 3 次へ

FPSもMMORPGもフルHD&高画質で快適プレー!

今ゲーミングPCを買うならコレ! 性能バランスに優れたGIGABYTEの 「AORUS GPC-03R306T」

文●宮里圭介 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大型タイトルからインディーズまで、数多くのゲームを購入できるのが、ゲームプラットフォーム。「Steam」はもちろんのこと、「Epic Games Store」や「Origin」、「UBI Store」など多数のプラットフォームがあり、多くの人が利用している。

 ゲーム専用機でもダウンロード販売はあるが、PCでは複数のゲームプラットフォームが利用できるのがメリット。特定のプラットフォームでしか販売されていないゲームも、PC版であれば移植を待つことなく購入できるわけだ。また、個人や数人といった少ないメンバーで開発された玉石混交のインディーズゲームは、PCゲームの魅力となっている。

 以前はほとんどが海外のゲームだったが、今では国内の大手ゲームメーカーも参戦。海外の話題作はもちろん、日本語で遊べるゲームも増えてきている。

 しかし、いくらゲームが多数そろっていても、それを快適に動かせるPCがなければ意味がない。とくに大型タイトルは高スペックを要求してくるものが多く、10万円程度のPCでは満足に遊べない……ということも珍しくない。

 もちろん、解像度を低くし、画質を落とせば動くものもあるだろう。しかし、動きはしても「遊べる」というには程遠く、不満を抱えながらプレーすることになる。これではゲームが楽しいはずがない。

 では、どのくらいのスペックがあればいいのかといえば、これが難しい。ギリギリの性能では、1年もすれば不満を感じてしまうだろうし、かといって、40万~50万円するハイエンドモデルはなかなか手が出せない。

 そこでオススメなのが、ミドルクラスゲーミングPCとなる「AORUS GPC-03R306T」だ。CPUに6コア/12スレッドのRyzen 5 5600Xを搭載するのはもちろん、ビデオカードにGeForce RTX 3060 Ti採用モデルを使うことで、高画質のまま快適な速度で遊べるゲーミングPCとなっている。

 ゲームが遊べる最低ラインは、1秒間の書き換え速度となるフレームレートが30fps以上を維持できること。快適に遊びたければ、60fps以上を目指したい。

 その点このスペックであれば、多くのゲームが高画質設定のまま、フルHD(1920×1080ドット)~WQHD(2560×1440ドット)の解像度で60fps表示が可能になるだけのポテンシャルがある。さらに、レイトレーシングにも対応できるので、より美しい画面表現にも期待できるのだ。

Ryzen 5 5600XとGeForce RTX 3060 Tiの搭載で、多くのゲームが快適に遊べるミドルクラスゲーミングPC「AORUS GPC-03R306T」

「AORUS GPC-03R306T」スペック表
CPU AMD「Ryzen 5 5600X」(6コア/12スレッド、3.7~4.6GHz)
マザーボード GIGABYTE「B550M S2H」(Intel B550、Micro ATX)
メモリー DDR4-2666MHz 8GB×2
ビデオカード GIGABYTE「GV-N306TEAGLE-8GD R2.0」(NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti、8GB)
ストレージ PCIe Gen3 NVMe M.2 SSD 500GB
電源ユニット 80PLUS BRONZE 650W
OS DSP版 Windows 10 Home(64bit)
本体寸法 44.8(W)×48(D)×21.9(H)cm
本体重量 14.5kg
実売価格 19万8000円前後

このPCの実力はどのくらいなのか、より詳しく紹介していこう。

ゲーミング性能を支えるキーポイントをチェック

 「AORUS GPC-03R306T」の構成と、その実力をチェックしていこう。まずキーパーツとなるのがCPU、ビデオカード、そしてストレージの3つだ。これはPCの性能・体感速度を大きく左右するものとなる。

 PCとしてとくに重要なのが、CPU。ゲームだけでなく、動画や写真編集、オフィスソフトといった各種ソフトの実行速度にも影響するため、速ければ速いほど快適になる。

 このPCが搭載しているCPUは、Ryzen 5 5600X。ミドルクラスとなるCPUだが、6コア/12スレッドと基本性能が高く、多くの用途で不満なく動作してくれるのが魅力だ。その実力を、ベンチマークソフトを使って少し見てみよう。

「CPU-Z」でCPUの詳細を確認。6コア/12スレッドのRyzen 5 5600Xはミドルクラスだが、性能的には3年前のハイエンドに並ぶ実力がある

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月