続々増えている「v6プラス」対応ルーターを知ろう!

ゲーミング向け通信機能とv6プラスインターネット回線の相性はバッチリ

v6プラス対応で“真のゲーミングルーター”へ! ASUS「TUF Gaming AX5400」

文●大塚昭彦/TECH.ASCII.jp 取材協力● ASUS Japan

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自宅のインターネット回線にIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の「v6プラス」を選ぶ人が増えたことから、v6プラスに対応する家庭用ルーターもこの数年で急速に増えている。ユーザーとしてはさまざまなメーカー、特徴、スペック、価格帯のルーターから、自分に最適なものを選べるようになり、うれしいところだ。

 本特集「続々増えている『v6プラス』対応ルーターを知ろう!」では毎回、ルーターメーカー1社を取り上げて、v6プラス対応ルーターの代表機種、メーカーとしてのv6プラスへの取り組み、v6プラス回線に接続するための設定方法などを紹介していく。すでにv6プラス回線を使っている方も、これからv6プラス回線の導入を検討している方も、本特集をルーター選びの参考にしていただきたい。

 今回取り上げるのは、ASUSのWi-Fi 6ゲーミングルーター「TUF Gaming AX5400(TUF-AX5400)」である。ゲーミングルーター市場で高いブランド力を持つASUSが、安定性と耐久性をテーマとする「TUF-AXシリーズ」ルーターの上位モデルとして2021年8月下旬に発売した同製品。ゲーム通信の優先処理を行うゲーミングLANポートや「ゲームブースト(アダプティブQoS)」機能などゲーマー向けの多彩な機能に加えて、5GHz帯で最大4804Mbpsという高速なWi-Fi 6通信、ASUSのメッシュWi-Fi機能「AiMesh」搭載など基本性能も強力だ。

ASUSのWi-Fi 6ゲーミングルーター「TUF Gaming AX5400(TUF-AX5400)」

ASUSにおけるv6プラス対応の取り組み

 ASUSでは、2020年8月上旬発売の「RT-AX3000」およびゲーミングルーターの「TUF Gaming AX3000(TUF-AX3000)」からv6プラス対応を開始した。現在はRT-AX3000、RT-AX82U、TUF-AX3000、TUF-AX5400の4機種が、v6プラス対応機種としてラインアップされている。

 v6プラス対応について、ASUSでは「日本国内においては必須と認識している」とコメントしている。特にゲーミング/e-Sports分野では高速、低レイテンシ(低遅延)なインターネット通信が重視されるため、v6プラス回線とゲーミングルーターの相性は良い。ASUSでも、同社ルーターを利用することで「v6プラス接続では混雑時でも安定して高速な通信速度が確保できるのはもちろん、レイテンシも有利になることがわかっていただけるはず」と、v6プラスの快適なインターネット回線に対する評価を語る。

 「海外メーカー製ルーターはv6プラスに対応していない」という旧来のイメージをくつがえすべく、ASUSでは今後もv6プラス対応製品を拡大していく方針だ。今後も「ハイエンドのゲーミングルーターからローエンドのボリュームゾーンルーターまで、可能なかぎり重要製品から対応を進めていく」としている。

多彩なゲーミングルーター機能と安定性、耐久性が特徴

 TUF Gaming AX5400は、Wi-Fi 6(最大4804+574Mbps)対応のゲーミング無線LANルーターである。同社直販サイト「ASUS Store」での販売価格は1万9800円だ(税込、本稿執筆時点)。

 ASUSが「ゲーミングルーター各種機能にv6プラスが対応したことで、さらにその上の安定と速度を兼ね備えた“真のゲーミングルーター”と自負」と力強くコメントしているとおり、PCからスマートフォンまで、ゲーミングユーザーが最適なネットワーク環境でゲームを楽しめる機能を搭載している。

 たとえば4つあるギガビットLANポートのうち、1つはゲーミングポートと位置づけられている。このポートにゲーミングデバイス(PCやゲーム専用機)を接続することで、ほかのデバイスよりも優先的にパケット処理が行われる。また、スマートフォンをWi-Fi接続してゲームを楽しむ場合でも、通信を優先する「モバイルゲームモード」がある。

「ゲーミングLANポート」のほか、多彩なゲーミングルーター機能を搭載(画像はASUS資料より引用)

 アダプティブQoS機能では、ゲーミング、動画ストリーミング、ファイル転送など、あらかじめジャンル分けされたアプリケーション通信の優先順位を指定することができる。ゲームを最優先にするだけでなく、ストリーミングサービスを最優先にしたり、Web会議のトラフィックを最優先にしたりと、各家庭のインターネット利用スタイルに合わせて簡単に設定ができる。

 もうひとつ、安定性と耐久性を特徴とするTUF-AXシリーズとしてのこだわりもある。2つのアルミヒートシンクと排熱口で排熱対策を施し安定性を高める一方で、固定アンテナやLANポートのメタルプロテクター採用などで耐久性も高めているという。

IPv6 IPoE/v6プラス回線への接続設定

 TUF Gaming AX5400のv6プラス接続設定は、専用モバイルアプリの「ASUSルーターアプリ(ASUS Router App)」またはWeb GUIから行う。いずれも簡単だ。

 ASUSルーターアプリの場合はまず「設定」をタップし、「WAN」の「WAN設定」をタップして「v6プラス」を選択する。Wi-Fiネットワークが一時的に停止するという旨の「お知らせ」が出るので「はい」をタップすれば、数分程度で設定が反映され、v6プラス回線に接続される。

「ASUSルーターアプリ(ASUS Router App)」を使ったv6プラス接続設定

 Web GUIの場合は、まずLAN接続したPCのブラウザで「http://router.asus.com」にアクセスしてログインする。画面左メニューの「詳細設定」で「WAN」をクリックし、「インターネット接続」が表示されたら「基本設定 - WAN接続タイプ」のプルダウンメニューから「v6プラス」を選択する。あとは画面下の「適用」をクリックすれば、数分程度で設定が反映される。

Web GUIからのv6プラス接続設定

* * *

 以上、今回はASUSのTUF Gaming AX5400をご紹介した。快適なインターネットが利用できるv6プラスの魅力にいちはやく気づいたのがゲーミングユーザーだった。コストパフォーマンスの高いゲーミングルーターがv6プラス対応することで、ユーザーにとっては理想的なゲーミング環境が整うことになる。ASUSにおけるさらなるv6プラス対応の拡大にも期待大だ。

(提供:日本ネットワークイネイブラー、取材協力:ASUS Japan)

過去記事アーカイブ

2022年
01月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月