前へ 1 2 次へ

ASRock Radeon RX 6900 XTシリーズを対象にCPUプレゼントキャンペーンも実施

「BF 2042」など話題のゲームを4K&WQHDで楽しみたいなら、ASRock「Radeon RX 6900 XT Phantom Gaming D 16G OC」がイチオシだ

文●藤田 忠 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「バトルフィールド 2042」などの最新ゲームタイトルを使い、ASRock「Radeon RX 6900 XT Phantom Gaming D 16G OC」の底力をチェックする

 「バトルフィールド 2042」や「Halo Infinite」、「Call of Duty: Vanguard」など、この冬に遊びたいタイトルが盛りだくさんの今日この頃。最近はビデオカードの品薄状態も解消され、好みの製品を店頭、もしくは通販で購入できるようになっている。また、秋葉原のパーツショップ店頭では週末特価でビデオカードが並ぶこともある。

 そんなビデオカードの中から、AMD「Radeon RX 6900 XT」を搭載するASRock「Radeon RX 6900 XT Phantom Gaming D 16G OC」を紹介したい。値下がりしているといっても、4Kゲーミングが視野に入るAMD最上位GPUだけあって、最安価格でも16万9990円(12月7日調べ)と高価だが、ライバルであるNVIDIA「GeForce RTX 3080 Ti」から3万円近く安価になっている。

 Radeon RX 6900 XTの基本のパフォーマンスは昨年のレビュー記事をチェックしていただくとして、ここでは最新ゲームを使ってパフォーマンスをチェックしてみることにした。

ブーストクロック2340MHzのOCモデル!
オーバークロックが楽しめる機能を紹介

 まずはRadeon RX 6900 XT Phantom Gaming D 16G OCのスペックを紹介していこう。各種クロックはベースクロックが1925MHz、ゲームクロックが2105MHz、ブーストクロックが2340MHzとなっている。ブーストクロックはRadeonリファレンスモデルから90MHzアップしたオーバークロック仕様で、PCIe補助電源は8pin×3基に強化されている。

 GPUクーラーは2.8スロットを占有するオリジナルクーラーで、約100mmとなる3基のファンを搭載する「Phantom Gaming 3X Cooling System」を採用する。静音性を維持しつつ、GPUやメモリーをしっかり冷やせるようになっている。

オリジナル基板&大型3連ファンGPUクーラーを採用するだけあって、ボード長は約315mmと長い。中央のファンは搭載LEDの光が透過する半透明仕様になっている

ボード裏面には基板の歪みを抑えるともに、放熱を助けるバックプレートを装備する

補助電源は8pin×3基の仕様になっている。コネクターラッチは、バックプレート側にあるので抜き差しが容易だ

GPU-Zの結果をみると、ブーストクロックは2340MHzにオーバークロックされている

環境によって異なるが、負荷時の実GPUコアクロックは最大で2491MHzを記録していた

 先ほども述べたが、Radeon RX 6900 XT Phantom Gaming D 16G OCは電源が強化されている。そこで、Radeon Softwareに備わるオーバークロック機能「One-Click Auto Overclock」と「Performance Tuning Presets」について軽く触れておきたい。

 One-Click Auto Overclockはその名のとおり、ワンクリックでオーバークロックできる機能で、Ryzen 5000シリーズとRadeon RX 6000シリーズで利用できる。Radeon Softwareの「チューニング」から実行でき、「チューニング コントロール」の「自動オーバークロック」をクリックすると、CPUとGPUの両方がオーバークロックされる。

CPUのオーバークロックは再起動が必要になるが、Ryzen 5000とRadeon RX 6000シリーズ搭載環境では、CPUとGPU両方をワンクリックでオーバークロックできる

 また、CPUとGPUを個別にオーバークロックでき、GPUはGPUコアクロック、またはメモリークロックをワンクリックでオーバークロックできるのだ。さらに、GPUはゲームごとに設定することも可能だ。

GPU単体では、GPUコアまたはメモリークロックをワンクリックでオーバークロックできる

GPUコアとメモリークロックの両方をオーバークロックする際は手動チューニングをしておこう。自動オーバークロックの数値をそのまま入力するのがおすすめだ

ゲームの「ゲーム パフォーマンスを調節」をクリックすれば、ゲームごとにGPUをチューニングできる

 Radeon RX 6900 XT Phantom Gaming D 16G OCは、オリジナル基板や8pin×3基を採用したことで、デフォルトでもGPUコアクロックを引き上げられるようになっている。手動でオーバークロックする必要性は感じないが、簡単にオーバークロックを楽しめる機能なので一度試してみるといいだろう。

 Performance Tuning Presetsは、GPUを静音性重視の「クワイエット」、静音性と性能を両立する「バランス」、オーバークロックの「レイジ」に切り替えられる機能だ。One-Click Auto Overclockだけでなく、こちらも試してみてもらいたい。

Performance Tuning Presetsは、静音性重視の「クワイエット」、静音性と性能を両立する「バランス」、オーバークロックの「レイジ」のモードに簡単に切り替えられる

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月