このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第103回

ASMR専用をうたう「COTSUBU for ASMR」、ではASMR向けの音作りとは何か?

2021年12月06日 20時30分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーミングとASMRには共通点が多い

 興味深いのは、こういった試みがゲーミングイヤホンとして開発した「VR3000 for Gaming」と共通している点だ。ゲーミングでは音の方向感が分かりやすい点だけでなく、集中力を生める没入感が大事であるとfinalでは考えている。つまり、VR3000 for GamingもASMRに向いた機種ということになる。

COTSUBU for ASMR(左)とCOTSUBU(右)

 自分でも通常版のCOTSUBUとCOTSUBU for ASMRを比較してみた。COTSUBUはコンパクトながら、final監修らしいとても良い音質だ。TWS04Kなどに比べるとやや低音が強調され、コンシューマー寄りの音づくりだと感じた。

 ASMR音源を通常版のCOTSUBU/COTSUBU for ASMRで聴き比べてみると驚くほどの違いがあるのがすぐにわかった。通常版のCOTSUBUは客観的で少し離れたところに音があると感じるが、COTSUBU for ASMRでは耳元や首筋など至近距離で語り掛けられる感じがする。これが没入感というものかと思った。

 面白いのは刺激成分を抑えているとは言うが、COTSUBU for ASMRの方が声が鮮明でよりリアルに聴こえるということだ。音源が耳の左右に回り込む時もCOTSUBU for ASMRの方がより滑らかに動きリアルさがある。音楽でもささやき声のようなボーカルは似たように再現される。ちなみに、COTSUBU for ASMRで普通の音楽を聴くと、COTUBUに比べ、音が少し軽く感じられた。

 iPadと有線接続し、E500で同じ音源を聴いてみた。ASMR音源についてはかなり似たようにリアルに聴こえる。COTSUBU for ASMRがE500のワイヤレス版というのは正しいと感じた。E500の方がより密着感があるが、E500とCOTSUBU for ASMRでは似たような感じで、やはり通常版のCOTSUBUの音表現とは大きな差がある。

 VR3000 for GamingもE500に近い密着感がある。VR3000 for Gamingを使っている方はゲームだけでなく、ASMR音源も聴いてみると良いと思う。E500、COTSUBU for ASMR、VR3000 for Gamingは、ASMR音源を聴くことにおいてはかなり似たような傾向があり、普通のイヤホンとは密着感、つまり没入感に大きな違いがあると言える。

 取材を通じて、「ゲーミング向けイヤホンとASMR向けイヤホンに似たような性質が求められる」と分かったのは興味深いことであった。これは人の感覚を重視するfinalならではの研究成果と言えるのかもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン