このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第796回

クアルコム製との違いは?:

アップル、2023年のiPhoneに自社開発5Gモデム搭載か

2021年11月30日 11時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、2023年に発売するiPhoneに同社が独自に開発した5Gモデムチップを搭載すると予想される。台湾メディアDigiTimesが11月18日に報じた。

 同紙は現在iPhoneにモデムチップを提供しているクアルコムが、2023年からその供給量を大幅に削減すると報道。背景にアップルが自社開発した5Gモデムの採用があるからではないかと伝えている。

 アップルの5Gモデムチップは、台湾のTSMCが供給する準備を始めているという。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中