このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第793回

おなじみミンチー・クオ氏の予測:

アップル「iPhone 14」より高速なWi-Fi 6Eに対応か

2021年11月24日 18時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが来年発売するiPhone 14は、Wi-Fi 6Eに対応する。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が11月17日に予測を出した。

 同氏は以前、アップルの最初の複合現実ヘッドセットがWi-Fi 6Eをサポートするとの予測を出したが、iPhone 14も同様にサポートする予定だという。

 Wi-Fi 6Eは従来の2.4GHz帯や5GHz帯ではなく、6GHz帯を利用する高速通信規格だ。ポートレスiPhoneに着々と近づきつつあるという印象だ。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中