このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

今さら聞けない小規模事業者のテレワーク

SSD4基+マルチギガビット対応NAS「第二世代AXELBOX」をテレワークで使いこなす

2021年11月05日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

QTSのアプリを活用することで、さらなる効率アップも

 今回は、外部から簡単にNASへアクセスできるようにするという、初歩的なテレワークでの活用方法を紹介したが、QTSにはほかにも数多くのアプリが用意されていて、さまざまな用途に利用できる。

 たとえば、自社のWebサイトを公開したいといった場合なら、ブログサービス「WordPress」をインストールすることで、Webサーバーとなる。また、ほかのクラウドストレージのバックアップをとったり、監視カメラを設置して録画・管理するなど、単なるファイルサーバーではなく、小型サーバーのような役割を果たしてくれる。サーバーを新規に設置するより遥かに扱いが楽だ。

SSDを4基搭載することで、HDDと比べて劇的に読み書き速度がアップする。安価な2.5GbEスイッチングハブも登場しているので、LAN環境から見直すのも1つの手

 「第2世代AXELBOX」は、SSDを4基搭載することで読み書きは高速、そして2.5GbEや10GbEを搭載しているので、事業規模にあわせてアップグレードしていくこともできる。拡張性も高く、これ1台導入するだけでもテレワークはもちろん、作業効率のアップや万が一のデータ損失に備えることができる。少ない投資で重要な役割を果たす本製品の導入をオススメしたい。

(提供:テックウインド株式会社)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン