このページの本文へ

今さら聞けない小規模事業者のテレワーク

SSD4基+マルチギガビット対応NAS「第二世代AXELBOX」をテレワークで使いこなす

2021年11月05日 11時00分更新

文● 飯島範久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テレワークで便利な外部からのアクセス方法

 では、実際にファイルをNASに保存したり、社内や外部からアクセスする方法を紹介しよう。

 まず、社内で利用するならネットワークドライブとしてマウントしたほうが便利だ。ドライブのマウントは、エクスプローラーのネットワークからNASを選択。表示されたダイアログからIDとパスワードを入力することでアクセスできるようになる。

 マウントできるドライブは、ユーザーが利用できるフォルダーごとになるので、右クリックメニューから「ネットワークドライブの割り当て」を選択し、完了すればマウントされる。こうすることで、エクスプローラーから直接アクセスできるようになる。

ネットワークで共有が許可されていれば、このようにLANに接続されてアクセスできるデバイスが表示される。そのなかから、NASを選択する

アクセスしようとすると、ユーザー名とパスワードを要求される

ログインに成功すると、共有しているフォルダーが見える

マウントしたいフォルダーを右クリックし「ネットワークドライブの割り当て」を選択すると、このようなダイアログが表示され、完了をクリックするとマウントされる

マウントされれば、いつでもエクスプローラーからアクセスできるので、ファイルのやり取りがしやすくなる

 一方、社外からアクセスするには、「myQNAPcloud」サービスで設定したURLでブラウザーからアクセスすると、QTSのログイン画面が現れるので、ログイン後デスクトップから「File Station」を利用することで、ファイルのやり取りが可能だ。また、各種設定も行なえるので、いつでもアクセスできるようにブックマークしておこう。

ブラウザーからQTSの「File Station」で、ファイルのアップロード、ダウンロードが可能。ほかの人と共有したい場合は、メニューから「共有リンクのみ作成」を選ぶと、期間を指定するなどしてURLを発行できる

発行されたURLにアクセスすると、このような画面となりファイルのやり取りができる。メールやメッセージなどでファイルを送りたいときに便利

 ただこれだとファイルのアップロード/ダウンロードが面倒なので、OneDriveのようにエクスプローラーを使ってやり取りできるようにしよう。

 まず「App Center」から「Qsync Central」をインストールする。続いて、パソコンやスマホ側にアプリをインストールする。アプリは「Qsync Central」の「概要」で「Qsyncの使用を開始する」を選択すると、デバイスごとにアプリを直接ダウンロードしたりダウンロード先が表示される。

「App Center」から「Qsync Central」をインストールする

デバイスごとにアプリを直接ダウンロードしたりダウンロード先が表示されるリンクが用意されている

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン