このページの本文へ

サブスクリプションサービスとして提供開始

ネットワンシステムズ、働き方改革のノウハウを組み合わせた「クラウドVDI」

2021年10月08日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「クラウドVDI」

 ネットワンシステムズは10月8日、“クラウドの柔軟性”と“働き方改革の実践ノウハウ”を掛け合わせた仮想デスクトップサービス「クラウドVDI」を、従量課金型のサブスクリプションサービスとして提供開始した。

 クラウドVDIは、仮想デスクトップの利点はそのままに、クラウドの柔軟性を活かした迅速な導入・増加・縮退によりコストの最適化を図る点に加え、同社の働き方改革の実践ノウハウを提供している点が特長だとしている。主な特徴は以下の通り。

・リモートワークでもセキュアなアクセスと利用が可能なネットワーク・セキュリティー設計
・オンプレミスシステムとの閉域網接続・認証連携による既存の業務データやアプリケーションの活用
・利用ユーザー数に対するインターネット利用帯域、クラウド/サーバーリソース利用量の最適設計
・ローカルブレイクアウトによるトラフィックの最適化
・経験に基づく運用設計や運用支援による導入・運用フェーズにおけるシステム管理者の負荷低減
・リモートワークに必要なコラボレーションツールとの連携

 本サービスの導入にあたり、ネットワンシステムズのマルチクラウド環境の共同検証施設(Lab as a Service)で、機能・体感速度・運用手順等を事前に確認できる。また、同社が全運用を担うフルマネージドサービスの提供も可能。

 クラウドVDIは、Microsoft Azure上で稼働する仮想デスクトップサービス「Azure Virtual Desktop」と、ガバナンス機能と管理機能を提供するヴイエムウェアの仮想デスクトップ管理サービス「VMware Horizon Cloud Service」を組み合わせた上で、ネットワンシステムズによる両サービスを含めたハイブリッドクラウド環境のインテグレーション技術で構成されている。

(1)ネットワーク接続
 Microsoft Azure内部のネットワーク構成、オンプレミスデータセンター(業務データ・業務システム)との閉域網接続・認証連携、ユーザーからのアクセスについて、セキュリティーとパフォーマンスの両立の観点から、統合的にインテグレーションする。

(2)セキュリティー強化
 利用端末から仮想デスクトップへの接続の際に、二要素認証を追加することで、仮にID・パスワードが漏えいした場合でも不正アクセスを防ぐことが可能としている。また、エンドポイントセキュリティーソリューションを仮想デスクトップに導入するとともに、セキュリティー監視サービスも提供することで、より堅牢な環境を利用可能。

(3)働き方改革支援
 ウェブ会議・チャット・ファイル共有等の多様なコラボレーションツール、スマホ・タブレットとの連携、そして同社の働き方改革の実践ノウハウを提供。また、働き方改革の経験に基づくVDIインフラ運用支援や、VDIリソース最適化および効率的なリソース配置の提案が可能。

カテゴリートップへ