GMOインターネット、「GMOとくとくBB」にて「2020年度『v6プラス』最優秀パートナー賞」を受賞

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GMOインターネットは10月8日、同社が提供するプロバイダーサービス「GMOとくとくBB」にて、日本ネットワークイネイブラー(JPNE)の「2020年度『v6プラス』最優秀パートナー賞」の受賞を発表した。

 「v6プラス」最優秀パートナー賞は、JPNEが提供している「v6プラス」の普及に最も貢献したパートナー企業に贈られる賞。GMOとくとくBBは、v6プラス接続サービスの積極的な販売促進を行なった点に加え、 ブランドイメージやサービス品質の向上を図った点が高く評価され、今回の受賞に至ったという。

 なお、GMOとくとくBBの「v6プラス」最優秀パートナー賞受賞は2017年度の初受賞以降、今回で4年連続となる。

 v6プラスは従来の接続方式であるPPPoE接続ではなく、NTT東日本・NTT西日本が提供する「次世代ネットワーク(NGN)」をアクセス回線としてIPv6およびIPv4対応の「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」でインターネット接続環境を提供するサービス。

 GMOとくとくBBではドコモが提供する「ドコモ光」を用い、「ドコモ光 1ギガ」の安い料金帯である「タイプA」対応プロバイダーとして「ドコモ光 1ギガ タイプA接続サービス」を提供。また、2021年6月にはNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光と「GMOとくとくBB」のプロバイダ-サービスをひとつにまとめたインターネットサービス「GMO光アクセス」を提供開始した。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月